石橋伸洋劇場・第2幕~南場を支配する熱いデジタル~【熱論!Mリーグ】担当記者:真中彰司

熱論!Mリーグ【Thu】

石橋伸洋劇場・第2幕

~南場を支配する

熱いデジタル~

文・真中彰司【木曜担当ライター】2020年3月19日

2020年3月19日、都内某所。

Mリーグ、セミファイナル第6戦目。

石橋伸洋は、卓上で自問自答していた。

「おいおい、聞いてないぞ

「俺は親なのに

「なぜこんなに追い込まれているんだッ!?」

———時は数時間前に遡る。

瑞原明奈石橋伸洋が連勝し、U-NEXTパイレーツが追い上げムードに包まれる中での第5戦。

颯爽と卓に付いたはずの朝倉は、打ちひしがれていた。

ここで上位と離されては、ファイナル進出が厳しくなってしまう。

そこで登板したのが、前回の逆転勝利で存在感を示した石橋だった。

「レギュラーシーズンの借りはまだ返せてない!パイレーツは俺が救う!」

前回の勝利ではまだまだ満足していない。もっと暴れたい。

そんな表情をしている。

2回戦

東家 沢崎誠サクラナイツ

南家 高宮まり麻雀格闘倶楽部

西家 松本吉弘渋谷ABEMAS

北家 石橋伸洋U-NEXTパイレーツ

東場

東1局、石橋は最速でイーシャンテンに辿り着く。

これまでの石橋なら、で好形を作りに行くかと思っていたが、打

かなりストレートな手組みをしている。

そして数巡後、再びやってきたをおもむろにツモ切ると…

「ロン」

そこに声をかけたのは沢崎だった。

「ん?前巡には切れているはずなのに?」

チートイドラドラ、親で9600点。待ち頃の良い単騎に変えようとしていたところに、石橋が飛び込んで衝突事故が起こってしまった構図だ。

出鼻をくじかれ、口の端を歪める石橋。なぜだ。なぜ石橋という選手は、こんなにも東場で事故に遭うのか。

しかし、放銃しても折れないのが石橋。

東2局では軽快に仕掛けていく。

苦しいが、ドラの単騎でテンパイ。綺麗なカッコつけたメンゼン手順よりも、現実的に泥臭くいこうじゃないか。そんな気持ちの伝わるテンパイ形だ。

しかしそこに、松本の跳満級のリーチと…

沢崎の四暗刻が襲いかかる。

そこに石橋が持ってきたのは、無筋の

  • 雀荘感想キャンペーン
    Twitterで”毎日”麻雀情報を発信中!