強気の、さらに半歩先へ__ 高宮まりはこれまでも、そうやって勝ってきた #麻雀最強戦2023【ファイナル 1st Stage】観戦記【A卓】担当記者 #江崎しんのすけ

強気の、さらに半歩先へ__
高宮まりはこれまでも、
そうやって勝ってきた

【A卓】担当記者:江崎しんのすけ 2023年12月9日(土)

麻雀は地域やコミュニティによって様々なルールがある。

今、麻雀を始めた方はMリーグルールで遊ぶことが多いかもしれないが、巷の雀荘ではそれぞれのハウスルールが存在し、様々なルールに対応できるかどうかも、麻雀の実力のうちと言える。

様々なルールがある中で、麻雀最強戦は決勝戦以外、1回戦勝負で1着・2着が勝ち上がりという、普段見かけることの無い非常に珍しいルールだ。

この1年間の集大成となるファイナル初日。
集うは、予選を勝ちあがった15名と、現最強位瀬戸熊直樹

超短期決戦ゆえ、与えられるチャンスは平等ではない。
ときには麻雀の理不尽さを凝縮したような出来事も起こる舞台。

しかしだからこそ、その舞台に対する選手たちの姿勢に心を打たれることが多々ある。

ファイナル1st stage A卓
東家 高宮まり  (日本プロ麻雀連盟)
南家 内川幸太郎 (日本プロ麻雀連盟)
西家 園田賢   (最高位戦日本プロ麻雀協会)
北家 松嶋桃   (日本プロ麻雀協会)

南1局、高宮が勝負の親番を迎えていた。

東場は高打点を決めた内川・松嶋がリードし、高宮・園田が追いかける展開となる。
勝負の親番となった高宮は、0本場で2,000オールをツモり、2着の松嶋を逆転するまであと僅かなところまで迫っていた。

続く1本場、全員が有効牌を引けない中、ラス目の園田が終盤にテンパイを入れる。

打点を少しでも上げるために、リャンメンではなく【6ピン】【中】のシャンポン待ちでリーチをかけた。親番が残っているとはいえ、少しでも加点して逆転条件を軽くしておきたいところ。

同巡、イーシャンテンだった高宮が引いたのは筋の【2ソウ】だった。

園田には【5ソウ】が通っていて、3巡目に【1ソウ】を切っている。
【1ソウ】は4枚場に出ているので園田の待ちがカン【2ソウ】であることはない。

【2ソウ】は高宮からは2枚しか見えていないのでシャンポン・単騎待ちの可能性はある。
ただシャンポン待ちの場合、3巡目に【1ソウ】を切っているのでかなり序盤で【1ソウ】【2ソウ】【2ソウ】から形を決めていたことになりやや不自然だ。
七対子などの単騎待ちだったとすると、【2ソウ】よりも2巡前にツモ切っている2枚切れの【白】を手に残していないのでこれもおかしい。

長々と理由を書いたが、要するにほぼ通る牌と言えるだろう。

通常の麻雀、例えばこれがMリーグで遭遇した局面なら、時間をかけずともツモ切れそうな牌。

しかしこの舞台、最強戦においては別の選択肢が出てくる。

点数状況をもう一度整理してみる。
現状、高宮は28,400点持ちの3着。
通過のためには松嶋・内川を逆転する必要がある。

通常の麻雀であればトップの内川まで9,600点差なので、この親番ではぜひとも加点したいところだ。しかし今回のルールでは1着と2着の価値に差は無い。

そして目下ライバルの松嶋とは1,500点差とほぼ並んでいるため、高宮は親番に固執しなくとも逆転できる可能性は充分にある。

もちろん、ここでトップ目の内川を逆転しておくことにもメリットはあって、終盤3着目に追い上げられたとしてもトップ目にいれば2着で残ることができるため、安全にゲームを進行することができる。

しかし、最も危惧しなければいけないのはラス目園田への放銃だ。

高宮と園田の点差は24,700点差
一見かなり離れているように見えるが、仮に高宮が園田へ満貫の1本場を放銃すると一気に16,600点縮まり8,100点差になる。

アガった園田の持ち点は12,000点になり、2着目の松嶋とは17,900点差。園田はまだ親番が残っているので、1回のアガリで勝ち上がりが射程圏内だ。

今は内川・松嶋・高宮で2席を狙う争いだが、放銃すると松嶋・高宮・園田で1席を狙う争いに変わり、その3人の中で高宮は唯一親番が残っていないことになる。

さらに、【2ソウ】は通りそうだとしても高宮のツモ番はあと1回でテンパイするためには園田に通っていない【1マン】【3マン】を通す必要がある。

【1マン】は無筋でドラが【2マン】なので当たるとドラが絡むことが多い。
【3マン】は園田の第一打が6mなので筋になっているが、【1マン】【2マン】などドラが絡む愚形待ちは否定されていない。

どちらも当たるとドラが絡むため、放銃打点は満貫クラスを覚悟しなければならない。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀戦術シリーズ新刊/