浅見真紀と猿川真寿 結果を手繰り寄せる押しと引きの決断【Mリーグ2023-24観戦記 1/23】担当記者 東川亮

浅見真紀猿川真寿
結果を手繰り寄せる
押しと引きの決断

文・東川亮【火曜臨時ライター】2024年1月23日

私事で恐縮だが、筆者はここ最近、いわゆる「坐骨神経痛」というやつを患ってしまった。歩行などには支障がないものの、立ち上がるときや長時間同じ姿勢でいるときに、右の臀部からふくらはぎにかけて痛みやしびれが走る。現在は整骨院への通院やセルフケアで症状の緩和を目指す日々だ。

だったら麻雀なんてもっての他では、と思われるかもしれない。ただ、麻雀は数時間でも普通に打てるし、なんなら打っていた。それだけ面白いゲームなのだ。そしてその最高峰たる大和証券Mリーグ2023-24の舞台、1月23日の第1試合では、2人のニューカマーの麻雀が、特に興味深かった。

第1試合

東家:小林剛U-NEXT Pirates
南家:猿川真寿BEAST Japanext
西家:浅見真紀赤坂ドリブンズ
北家:東城りおセガサミーフェニックス

ゲームが大きく動いたのは、東3局2本場。親番の浅見がリーチ一発ツモピンフドラドラ、6000は6200オールを決めた。供託も合わせると2万点以上の加点となり、他3者を大きく突き放した。

ただ、この局で印象的だったのは、猿川の立ち回り。序盤に小林が場風の【東】を鳴いて切った【4マン】をカンチャンでチー、【5ソウ】【8ソウ】待ちタンヤオ赤、2000点のテンパイを取っている。マンズ33455はドラ引きをはじめ変化もしやすく、巡目も早いために高打点を狙いたいところだが、猿川はシビアにアガリを狙った。

そもそも、前巡の理牌がカン【4マン】を鳴くための並べ方なので(※33455ではなく35345としておくとカンチャンで鳴いたときに他のターツを読まれにくい)、この局は鳴き、つまり打点よりもスピードを意識していたことが分かる。結果はよいものとはならなかったが、一つ猿川の姿勢が見えた。

迎えた次局・東3局3本場では、猿川は小林の先制リーチに対し、【3マン】【9ピン】という愚形テンパイで追っかけリーチを敢行。【9ピン】は小林の先制リーチに対して浅見が1枚切っているが、オリ気味の2人が切っていないことで、残り1枚が山にあり、勝算も立つと見たか。

【3マン】は山になく、【9ピン】が残り1枚。それを見事に引き入れ、リーチツモドラ赤の2000-4000は2300-4300を決める。

さらに猿川がアガリを重ね、迎えた南1局
猿川は赤赤の1シャンテンだったが、小林のリーチを受けて少考の末にメンツから【9マン】を抜き、いったんは後退を選択する。

しかし、上家小林が切った【7ソウ】を見て手を止めると

「チー」

カン【8ソウ】で鳴いて再び前進。
【7ソウ】が場に3枚目で、これを鳴かないとソーズメンツを組むのが難しい。また、【9ソウ】が少しだけ切りやすくなったことも後押ししたか。とはいえ【9マン】を切っているのでそれでも苦しくは見えたが・・・。

【6マン】チーは唯一とも言える完全復活のルート。フリテンを解消してタンヤオもつけられる最高の形となった。ただ、テンパイ打牌を【3ピン】としてしまうと小林のシャンポン待ちに放銃してしまうが・・・

ここは【6ピン】切りで回避。小林が【9ピン】を切っているので【6ピン】【9ピン】待ちが否定されており、こちらのほうが当たるパターンが少ない。

最後は【3マン】をツモ。
1000-2000という打点以上に、猿川の鮮やかな切り返しが見事だった。

猿川は南2局も独特の仕掛け。一気通貫が見えるとはいえ、4巡目に【9ピン】チーから仕掛けるのは躊躇する打ち手も多そう。東城が既に【西】ポン【1マン】チー【中】ポンと圧のある鳴きを見せていたが、その分ソーズは打ちやすく、ピンズで応戦できる余地はあると踏んだ模様。

小林から急所の【4ピン】が鳴けて一気通貫ドラ赤、5800のテンパイが完成し、

トップ目・浅見からの直撃に成功。

これで4局連続のアガリとなり、浅見を逆転するが、試合はそのままでは終わらなかった。

猿川のアガリラッシュを止めたのは浅見。南2局1本場にリーチツモタンヤオドラの2000-4000は2100-4100をアガって、猿川を再逆転する。

南3局
親番の浅見は赤赤ドラの手から【南】を鳴いて目いっぱいに構えていたところに、東城のリーチを受けた。ただ、リーチの一発目に猿川が切った【4ソウ】は欲しいところの一つ。鳴いて【7ピン】切りとする。このままテンパイしたら【赤5ピン】も勝負の構えに見えた。

次巡、猿川から【1ソウ】が打たれる。チーすれば【南】ドラ赤、5800のテンパイ。

・・・には目もくれず、浅見はツモ山に手を伸ばした。ノータイムの選択から【1ソウ】【4ソウ】はスルー、すなわち【赤5ピン】は打たないと決めていたことが分かる。赤での放銃は打点も伴い、猿川を下回り、東城に迫られてオーラスを迎えることにもなりかねない。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀戦術シリーズ新刊/