村上淳、開幕2連勝!! 5戦3勝、ドリブンズ絶好調!!

村上淳、

開幕2連勝!!

5戦3勝、ドリブンズ

絶好調!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020」の開幕5日目、第1戦は村上淳赤坂ドリブンズ)が、トップを獲得。村上は個人2連勝で個人成績トップ、チームは5戦3勝という絶好調ぶりでこちらもトータル首位につけた。

第1戦の対局者は、KONAMI麻雀格闘倶楽部藤崎智セガサミーフェニックス茅森早香渋谷ABEMAS白鳥翔、そして村上の4名。

開局から3連続流局で訪れた東2局3本場、親の藤崎のリーチに茅森が仕掛けて対抗し、ホンイツ・ドラ1の2000・4000をアガって均衡を破る。

しかし茅森、次局親の白鳥のリーチの現物を切ると、藤崎からロンの声。タンヤオ・ドラ4のマンガンを放銃してしまう。

東4局はドラのをポンした村上が、ジュンチャンのツモアガリ。トップが村上に移る。

白鳥が南場の親番で粘ってトップ目に立ったものの、同6本場に村上とのリーチ合戦に破れてリーチピンフ・ドラ1の3900。またも村上がトップに立つ。

南4局は親の茅森が、リーチ・・ウラ1の7700を白鳥から仕留めて2番手に浮上。

南4局2本場、藤崎がイーペーコードラ2・赤1のアガリトップのヤミテンを入れるが、白鳥がその藤崎の現物のを切ると、村上の手が開かれる。

タンヤオのカン待ち。1000点のアガリで、村上の逃げ切りトップとなった。

村上はインタビューで、

「白鳥さんや茅森さんにツモられてトップを取られてもおかしくない紙一重の展開で、勝負手を空振ってくれて僕の3900や1000点がアガれて、ホント奇跡的なトップで信じられないです。自分が勝てばチームがプラスするのは間違いないので、ドリブンズの優勝のためにポイントを積み上げられればいいなと思います」

と語った。
【Result】
1着 村上淳・ドリブンズ 3万3700点/+53.7
2着 茅森早香・フェニックス 2万6900点/+6.9
3着 藤崎智麻雀格闘倶楽部 2万1400点/▲18.6
4着 白鳥翔・ABEMAS 1万8000点/▲42.0

【Total】
1位 赤坂ドリブンズ +137.5(5/90)
2位 EX風林火山 +100.1(4/90)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +77.8(4/90)
4位 セガサミーフェニックス +37.4(5/90)
5位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲62.6(4/90)
6位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲75.1(5/90)
7位 渋谷ABEMAS ▲83.9(5/90)
8位 U-NEXT Pirates ▲131.2(4/90)

「大和証券Mリーグ 麻雀格闘倶楽部vsフェニックスvsABEMASvsドリブンズ」

「大和証券 Mリーグ2020」
10月12日の対戦は
KONAMI麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックスvs渋谷ABEMASvs赤坂ドリブンズ

キャスト

KONAMI 麻雀格闘倶楽部
セガサミーフェニックス
渋谷ABEMAS
赤坂ドリブンズ
(C) M.LEAGUE
大和証券Mリーグ 麻雀格闘倶楽部vsフェニックスvsABEMASvsドリブンズ

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!