多井隆晴、鈴木たろうとの死闘を制して、ABEMAS今季初勝利!! 白鳥の敵討ちを見事達成!!

多井隆晴、

鈴木たろうとの死闘を制して、

ABEMAS今季初勝利!!

白鳥の敵討ちを見事達成!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020」の開幕5日目、第2戦は多井隆晴渋谷ABEMAS)が、トップを獲得。試合は序盤から鈴木と多井の壮絶な叩き合いとなり、鈴木が多井との3万点差を捲くると多井が意地のフリテンリーチをアガって逆転勝利! ABEMASに今季初勝利をもたらした。

第2戦の対局者は、KONAMI麻雀格闘倶楽部高宮まりセガサミーフェニックス和久津晶赤坂ドリブンズ鈴木たろう、そして多井の4名。

東1局、西家の高宮がジュンチャンの・サンショクのヤミテンを入れるが、ここへの放銃を回避した鈴木がリーチ・一発・ツモ・ピンフ・ドラ1・ウラ1の3000・6000! 頭一つ抜け出す。

東3局鈴木は、タンヤオピンフ・ドラ1・赤1のヤミテンを和久津から仕留めてマンガンを上乗せ。

南1局、高宮が先制リーチを打つも親の多井が無筋を連打して追いかけリーチ、そして多井ツモアガリ。リーチ・ツモ・ドラ3・赤2の6000オール! 一気に多井がトップ逆転に成功。

同3本場、和久津が待ちで先制リーチを打つが、親の多井が終盤で追いかけリーチ。多井の待ちはの5面待ち。多井がハイテイをツモってタンヤオ・ウラ1の4000オールで鈴木を突き放す。

3万点以上の差をつけられた鈴木、南3局にピンフ・ドラ2のリーチをツモって2000・4000。1万点を詰める。

オーラスを迎えて、多井と鈴木の点差は2万600点。

ラス親の鈴木が待ちのタンヤオピンフ含みのドラ1・赤2の大物手を8巡目にリーチ。そしてタンヤオになるをツモって6000オール! 再度鈴木が逆転トップに浮上。

同1本場、4400点を追う立場になった多井、をアンカンして赤1の手を待ちのフリテンリーチ! 一方鈴木は待ちのピンフ・ドラ1・高め123のサンショクのヤミテンを張っている。

2人の壮絶なめくり合いの結果は… 多井のツモアガリ! リーチ・ツモ・赤1・ウラ1のマンガンで再々度鈴木を逆転! 多井がABEMASに今季初勝利をもたらした。

多井はインタビューで、

「1戦目の白鳥がラスになって相当落ち込んでたんで、いつもよりやってやるぞという気持ちでした。(ファンの方々へ)待たせたね。いつも配信でふざけてんのかっていう苦情をいただくんですけど、まだまだ僕は舞えると。なので明日からも引き続きふざけていこうと思います」

と語った。

【Result】
1着 多井隆晴・ABEMAS 6万1400点/+81.4
2着 鈴木たろう・ドリブンズ 5万3400点/+33.4
3着 高宮まり麻雀格闘倶楽部 6300点/▲33.7
4着 和久津晶・フェニックス ▲2万1100点/▲81.1

【Total】
1位 赤坂ドリブンズ +170.9(6/90)
2位 EX風林火山 +100.1(4/90)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +77.8(4/90)
4位 渋谷ABEMAS ▲2.5(6/90)
5位 セガサミーフェニックス ▲43.7(6/90)
6位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲62.6(4/90)
7位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲108.8(6/90)
8位 U-NEXT Pirates ▲131.2(4/90)

大和証券Mリーグ 麻雀格闘倶楽部vsフェニックスvsABEMASvsドリブンズ」

「大和証券 Mリーグ2020」
10月12日の対戦は
KONAMI麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックスvs渋谷ABEMASvs赤坂ドリブンズ

キャスト

KONAMI 麻雀格闘倶楽部
セガサミーフェニックス
渋谷ABEMAS
赤坂ドリブンズ
(C) M.LEAGUE
大和証券Mリーグ 麻雀格闘倶楽部vsフェニックスvsABEMASvsドリブンズ

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!