村上淳・茅森早香・藤崎智・白鳥翔、4者が見せた重厚な駆け引き【Mリーグ2020観戦記10/12】担当記者:東川亮

村上淳・茅森早香・

藤崎智・白鳥翔、

4者が見せた重厚な駆け引き

文・東川亮【月曜担当ライター】2020年10月12日

麻雀は運の要素が強い、とよく言われる。

配牌とツモがかみ合えば、初心者でも上級者を倒せるゲームだからだ。

ただ、もし運だけで全てが決まるならば、麻雀はこれほどまでに多くの人に愛されてはいない。

麻雀は何をツモるかは選べないが、何を切るか、何を鳴くかは選ぶことができる。

自身の手をどのようにアガリに近づけていくかは、いわば基本。

それと共に、自身のアクションで相手に何を見せ、何を考えさせていくのかというのが、Mリーグで戦っているような強者たちの麻雀である。

この日行われた第1試合は全16局、トータル2時間を超えるロングゲームとなった。

誰が勝者でもおかしくない、重厚な駆け引きが繰り広げられた対局を振り返っていく。

第1試合

東家:村上淳赤坂ドリブンズ

南家:藤崎智KONAMI麻雀格闘倶楽部

西家:白鳥翔渋谷ABEMAS

北家:茅森早香セガサミーフェニックス 

東1局から2連続の流局で迎えた、東2局2本場

先制したのは村上、ドラのカンpastedGraphic_2.png待ちでリーチをかける。

しかし、これに対して真っ向から向かっていった者がいた。

親番の藤崎である。

村上のリーチに対しpastedGraphic_4.pngのトイツ落とし、さらにpastedGraphic_5.pngpastedGraphic_6.pngと無スジを連打。

猛烈なプッシュを見せる。

「忍者」の異名を取る男の尋常でない目立ち方に、村上も異常を感じたか。

それもそのはず、藤崎は村上のリーチ直後のツモで門前チンイツのイーシャンテンとなっていた。

切られている数牌がpastedGraphic_9.pngpastedGraphic_10.pngのみとあまりヒントのないリーチだけに、親でこのチャンス手をもらいながら引き下がる理由はない。

ここまで行くなら、何でも鳴いて何でも勝負・・・ではなかった。

藤崎は村上のpastedGraphic_12.pngをチーしてのカンpastedGraphic_13.png待ちテンパイは取らず、それでいてやはり無スジのpastedGraphic_14.pngをたたき切っていく。

解説の瀬戸熊直樹曰く「鳴いたら一色手がバレる、それよりもpastedGraphic_13.png引きによってpastedGraphic_12.pngを狙ったのではないか」とのこと。

たしかにpastedGraphic_12.pngを鳴いたら藤崎の手がチンイツと完全に見破られ、ソーズの危険牌はまず出ないだろう。

一方でもしpastedGraphic_13.pngを引けた場合、テンパイになるはずのを見送ったということで、は瞬間読みスジから外れてもおかしくない。

そして鳴けばこの手は12000点だが、門前で決まれば18000点からという高打点になる。

筆者も含め、勝負手ということでテンパイを焦る打ち手も多いかもしれないが、麻雀で大事なのはテンパイすることではなく、アガること。

あくまでもアガリを最大限に見た、藤崎の選択だった。

最終的には自力でpastedGraphic_12.pngを引いた藤崎、そして茅森もテンパイ。

3局連続の流局という重苦しい展開が続く。

3本場に供託リーチ棒3本。

アガれば合計3900点の加点がついてくる東2局3本場は、茅森が制した。

藤崎のカンpastedGraphic_14.png待ちドラドラ赤のリーチに対し、後手から役役ホンイツの満貫手で押しきってツモアガリ、藤崎のリーチ棒も含めて12900点を加点し、トップに立つ。

東3局は親の白鳥が先制リーチ。

 

さらにリーチ後にpastedGraphic_21.pngを暗槓。

すると新ドラがpastedGraphic_10.png、リンシャン牌でツモってきた新ドラをツモ切ると、すかさず藤崎がポン、現物のpastedGraphic_4.pngを切って唐突に化けた満貫のテンパイに構える。

これに茅森が放銃し、藤崎が一気にトップへと迫った。

 

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!