佐々木寿人、ダントツラス目からの大逆転!! 今年の佐々木は10月から熱いぞ!!

佐々木寿人、

ダントツラス目からの大逆転!!

今年の佐々木は

10月から熱いぞ!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020」の開幕3日目、第2戦は佐々木寿人KONAMI麻雀格闘倶楽部)が、トップを獲得。東場の連続マンガン放銃で、一時は3900点の4位にまで落ちた佐々木だったが、南場で怒濤のアガリを繰り返してオーラスでついに逆転。佐々木は初戦をミラクルな勝利で飾った。

第2戦の対局者は、EX風林火山二階堂亜樹セガサミーフェニックス魚谷侑未赤坂ドリブンズ丸山奏子、そして佐々木寿人の4名。

開局から佐々木に受難が訪れる。

東1局2本場では魚谷の、・ドラ2・赤1のマンガンに放銃。

東2局では、二階堂の4巡目テンパイのメンホン・チートイツに放銃してこちらもマンガン。

痛恨の連続マンガン放銃となってしまう。

南2局1本場の親番を迎えた時点で、佐々木の点棒は4900点。さらに魚谷の先制リーチが襲いかかる。

絶体絶命のピンチを迎えた佐々木だったが、ようやく12巡目にテンパイして、赤2の手で追いかけリーチを敢行する。

そしてここで佐々木が一発ツモ! 4000オールで息を吹き返す。

同2本場では、リーチ・ツモ・ピンフ・ドラ1の2600オールをアガって、一気に2番手に浮上する。

しかし同3本場では、二階堂がハネマンをツモって今度は二階堂がトップに立つ。

南4局1本場、トップの二階堂と4700点差の2番手につけた佐々木、6巡目に赤1のカン待ちのテンパイ。を外すとマンズのホンイツを狙えるが、即リーチ。そして2巡後にをツモアガリ。

断ラスからの大逆転で、自身の初戦とチーム初トップを獲得した。

佐々木はインタビューで、

「諦めなければ何が起こるかわからないんで。最初の方は’2ラスじゃ帰れねぇぞ’って思ってましたけど(笑)。チームが334で非常に良くない感じだったんですけど、よくトップとれたと思います。これから流れに乗って、頑張っていきたいと思います」

と語った。
【Result】
1着 佐々木寿人麻雀格闘倶楽部 3万500点/+50.5
2着 二階堂亜樹・風林火山 2万9800点/+9.8
3着 魚谷侑未・フェニックス 2万4900点/▲15.1
4着 丸山奏子・ドリブンズ 1万4800点/▲45.2

【Total】
1位 EX風林火山 +100.1(4/90)
2位 赤坂ドリブンズ +83.8(4/90)
3位 セガサミーフェニックス +30.5(4/90)
4位 KADOKAWAサクラナイツ +14.6(2/90)
5位 渋谷ABEMAS ▲17.6(2/90)
6位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲56.3(2/90)
7位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲56.5(4/90)
8位 U-NEXT Pirates ▲98.6(2/90)

「大和証券Mリーグ 麻雀格闘倶楽部vs風林火山vsフェニックスvsドリブンズ」

「大和証券 Mリーグ2020」 開幕3日目!
10月8日の対戦は
KONAMI 麻雀格闘倶楽部vsEX風林火山vsセガサミーフェニックスvs赤坂ドリブンズ

キャスト

KONAMI 麻雀格闘倶楽部
EX風林火山
セガサミーフェニックス
赤坂ドリブンズ
実況:日吉辰哉
解説:小林剛
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE
大和証券Mリーグ 麻雀格闘倶楽部vsEX風林火山vsセガサミーフェニックスvs赤坂ドリブンズ

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!