“お前の点棒は俺の点棒”寿人流ジャイアニズム【熱論!Mリーグ】

熱論!Mリーグ【Thu】

“お前の点棒は俺の点棒”

寿人流ジャイアニズム

文・真中彰司【木曜担当ライター】2018年12月6日

冬が寒くって、本当に良かった。

そのおかげで、Mリーグの勝負の熱さがより際立つから。

今日は上位3チームと最下位・麻雀格闘倶楽部の対戦。

現在最下位の麻雀格闘倶楽部からは、魔王こと佐々木寿人が出陣。

前回出場後のインタビューではやや疲れも見えたが、彼が攻撃を止めることは無いだろう。

彼にとって、攻撃は呼吸そのものなのだ。

カジキマグロと一緒で、攻撃を止めることは死を意味する。

真っ直ぐ打って真っ直ぐ放銃する。それが佐々木寿人。

理屈は要らない、シンプル・イズ・ベストを地で行く男だ。

試合前のツイートでも気合十分。

さあ、今宵も魔王のお出ましだ。

【第1試合】

第1試合の対戦相手は村上・滝沢・白鳥の3人。

RTDリーグでは、寿人が彼らの攻撃を意に介さず、圧倒的に押し切って勝利をもぎ取る場面を何度も見せてくれた。

相性の良い相手とあって、ぜひともチーム復活の足掛かりにしたいところだ。

まずは東1局。無邪気にを切り飛ばし、滝沢へ挨拶代わりの5800の放銃。

「勘違いするな。その点棒はあげたんじゃない、預けておくだけだ」

放銃してもその表情は淡々としている。

次局は白鳥のポンを意に介さず、ピンフ・ドラ1の待ちをリーチ。

これをあっさりツモり、裏も乗せて2000-4000。

寿人「さっき預けた点棒、返してもらおうか」

白鳥「いや、俺はさっき何もしてないんだけど…」

滝沢だけでなく、白鳥と村上からも点棒をかっぱいでいく。

東4局でも1000-2000を加点すると、南1局2本場では村上のリーチを受ける。

しかしの対子落としで見事に迂回し、タンヤオ・ピンフ・高目三色のテンパイを入れる。

テンパイ打牌のはリーチの現物で、安全にテンパイできると思われたが…

なんと白鳥から「ロン」の声が。ピンフ・赤3で8000の放銃。

実は白鳥、村上のリーチに一発でドラのを押し、死に物狂いのテンパイを入れていた。

寿人はもちろん白鳥が押しているのも分かっていたが、自身も満貫が見えたためにが打ち出される結果となった。

寿人「白鳥め、ヤミテンなどと猪口才な…」

白鳥「いいからヒサちゃん、早く点棒くださいよ」

2人の会話が脳内再生されるようだ。

しかし、ただでは終わらない。やられたらやり返すのが寿人流。

南4局、のシャンポン待ちでリーチ。

白鳥・村上ともに着順アップを狙って前に出てくる場面なので、孤立しやすい役牌の發でも出アガリが見込めるはずだ。

そして、狙い通り白鳥からをロンして8000点のアガリ。

白鳥も2着の見える手だっただけに、致し方ない放銃か。

「おい白鳥。その点棒、俺のだから返せ。利子は付けないでやるから」

第1試合は3着で終了。この満貫でなんとかラスを回避することができた。

しかし、ここで満足するわけにはいかない。

なにせ最下位のため、とにかくポイントを叩く必要がある。

すぐに総帥・前原雄大と反省会を行い、次戦へと臨む。

 

【第2試合】

第2試合は園田・多井・滝沢とのマッチアップ。

3人とも個人成績でトップ4に入る選手だ。

相手のエース級を止めることができればチームにとっても弾みがつく。

何より、前の試合でライバルの滝沢に好き放題されたのだ。寿人が黙っていられるはずがない。

試合は東3局の親番、ついに寿人にチャンス手が到来した。

狙い目のが既に3枚切られているが、迷わずリーチ。

「3枚河にあるなら、残り5枚は山にある」

このふてぶてしさが寿人流だ。

俺の牌は俺のもの。出てない牌は俺のもの。他人の牌などいざ知らず。

このはリーチ時で山に2枚だったが、他家に流れてしまう。

しかし、回り回ってテンパイした園田からが打ち出されて12000のアガリ。

これまではリーチされても他家に押し返され、なかなか自分の有利な状況を作り出せない展開が続いていたが、今回はその押し返しを上手く利用した形となった。

「8引く3は5だから。ツモれなかったのは残念だがな」

本当は8引く8で0だったのだが…この満貫でトップ目に浮上した。

そして、切れ味鋭い一打を見せたのが南3局。

一旦は七対子を単騎でテンパイし、ヤミテンに構える。

次巡、場に2枚切れのから、中張牌の単騎に変えてリーチ。

滝沢と多井が萬子の中張牌をバラ切りしており、がまだ生きていると読んでの決断。

すると、この判断がズバリ的中!はまだ山に3枚残っていた。

引き上がって3200オール。園田のあわや四暗刻という手を潰すことにも成功した。

「4引く1は3だからな。そりゃツモれる」

先ほどの12000をアガった場面と比べると、どこか得意気に見える表情をしている。

それほど本人にも手応えのあるアガリだったのだろう。

もしくは全員から点棒を奪えたことを喜んでいるのだろうか?

試合はこの3200オールが決め手となり、寿人が通算6度目のトップを獲得した。

しかも現在首位のドリブンズ・園田にラスを押し付けるという、嬉しいおまけ付き。

インタビューでは久々のガラクタポーズ。

ライバルの滝沢の打ち筋が“柔よく剛を制す麻雀”だとするならば…

寿人の打ち筋は“剛で剛を捻じ伏せる麻雀”と言える。

つまり

「俺の点棒は俺のもの。他家の点棒も俺のもの」

というジャイアニズムだ。

そうでなければ、あんな打ち方は出来ないだろう。

寿人の麻雀は

「見ていて気持ちが良く、爽快感がある」

と評されることが多いが…

それは誰もが本能的に持っていて、でもなかなか表には出せない「独占欲」を満たしてくれる、そんなジャイアニズム的打ち筋だからなのかもしれない。

まだまだ上位陣の背中は遠いが、諦めずにあらん限りのリーチ棒を出し続けていれば、きっと先は見えてくる。

そう信じて、麻雀格闘倶楽部は明日も突き進んで行く。

 

おまけ

アベマズが4着・3着を取ったことにより、パイレーツが自動的に3位へ浮上。

この順位変動についてパイレーツ船長・小林剛は…

いや、あなた小人とか絶対信じてないでしょ…

真中彰司

関東の理系大学院に在学中の学生。個別指導塾の数学講師という顔も持つ。主に統計学を研究する傍ら、都内各地にて麻雀修行中。

(C)AbemaTV

 

 

近代麻雀戦術シリーズ新刊情報

「麻雀強者の0秒思考」

著:ZERO

12月15日発売!!!!

Amazonでの予約はこちら→「麻雀強者の0秒思考」