“お前の点棒は俺の点棒”寿人流ジャイアニズム【熱論!Mリーグ】

熱論!Mリーグ【Thu】

“お前の点棒は俺の点棒”

寿人流ジャイアニズム

文・真中彰司【木曜担当ライター】2018年12月6日

冬が寒くって、本当に良かった。

そのおかげで、Mリーグの勝負の熱さがより際立つから。

今日は上位3チームと最下位・麻雀格闘倶楽部の対戦。

現在最下位の麻雀格闘倶楽部からは、魔王こと佐々木寿人が出陣。

前回出場後のインタビューではやや疲れも見えたが、彼が攻撃を止めることは無いだろう。

彼にとって、攻撃は呼吸そのものなのだ。

カジキマグロと一緒で、攻撃を止めることは死を意味する。

真っ直ぐ打って真っ直ぐ放銃する。それが佐々木寿人。

理屈は要らない、シンプル・イズ・ベストを地で行く男だ。

試合前のツイートでも気合十分。

さあ、今宵も魔王のお出ましだ。

【第1試合】

第1試合の対戦相手は村上・滝沢・白鳥の3人。

RTDリーグでは、寿人が彼らの攻撃を意に介さず、圧倒的に押し切って勝利をもぎ取る場面を何度も見せてくれた。

相性の良い相手とあって、ぜひともチーム復活の足掛かりにしたいところだ。

まずは東1局。無邪気にを切り飛ばし、滝沢へ挨拶代わりの5800の放銃。

「勘違いするな。その点棒はあげたんじゃない、預けておくだけだ」

放銃してもその表情は淡々としている。

次局は白鳥のポンを意に介さず、ピンフ・ドラ1の待ちをリーチ。

これをあっさりツモり、裏も乗せて2000-4000。

寿人「さっき預けた点棒、返してもらおうか」

白鳥「いや、俺はさっき何もしてないんだけど…」

滝沢だけでなく、白鳥と村上からも点棒をかっぱいでいく。

東4局でも1000-2000を加点すると、南1局2本場では村上のリーチを受ける。

しかしの対子落としで見事に迂回し、タンヤオ・ピンフ・高目三色のテンパイを入れる。

テンパイ打牌のはリーチの現物で、安全にテンパイできると思われたが…

なんと白鳥から「ロン」の声が。ピンフ・赤3で8000の放銃。

実は白鳥、村上のリーチに一発でドラのを押し、死に物狂いのテンパイを入れていた。

寿人はもちろん白鳥が押しているのも分かっていたが、自身も満貫が見えたためにが打ち出される結果となった。