部屋とMリーグとスワンと私~白鳥翔が教えてくれたもの~【熱論!Mリーグ】

熱論!Mリーグ【Thu】

部屋とMリーグとスワンと私

~白鳥翔が教えてくれたもの

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2018年12月6日

 

「ホントごめん。じゃあ、行ってくるね!その鍵、持っててくれたらいいし!」

鍵と私を置き去りにして、彼は出て行った。セリフと違って全然申し訳無いと思ってない表情が、妙に頭に残る。

先輩に麻雀誘われたんならまぁしょうがないけどさ。

私、このままでいいのかな。自分がどうしていいか分からなくなってくる。

今から一緒に見るはずだったMリーグ。モニターには私が大好きな白鳥さんが映っている。Mリーグでは不振が続いているけれども、

 

「自分に出来ることを積み重ねていく」

そう力強く語っている白鳥さん。もしかしたら、私のすべきことを教えてくれるかもしれない。

 

私は、彼のいない彼の部屋で、白鳥さんを応援することにした。

これは、12月6日(木)のMリーグの試合にまつわる、とある1組のカップルの物語…。

 

【東2局】

中盤に、

 

高め三色のリーチを打つ白鳥さん。は3枚切れだけれど、山には確実に居そう。

そこに、

 

本日お誕生日の滝沢さんが大物手で追いついてきた。

イケメン対決…

勝負の行方は、

 

ハ、ハッピーバースデイ…(震え声)

 

滝沢さんのホンイツドラ3に白鳥さんが放銃。奇しくもイチゴのケーキと同じような色合いだ…

【東3局】

親番の白鳥さん、

 

このイーシャンテンからドラのを切る。

「ロン」

 

なんとこれがまたもや滝沢さんに放銃。6400。誕生日プレゼントにしては高くつき過ぎだ…

こんな感じで東場に大失点をしてしまうケースが、Mリーグの白鳥さんには多いと思う。でも、この日東場の白鳥さんは手順上何も悪いことをしていない。ツイていないだけ。

ただ、1つ気になるシーンがあった。

親番の7巡目、2枚切れのを抱えているところに、

 

同じく2枚切れのを持ってきたときのこと。

 

を切ろうとして、

 

手を戻して場を確認して、

 

を切った。

「場が見えてない、場に入り込めてないのかもしれない」

この迷い箸を見て、私はそう感じてしまった。不調が続いて、もしかしてちょっとメンタルに影響が出ているのか…。

メンタル、か。私もメンタルには自信がない。

「魚谷さんと高宮さんと黒沢さんを足して3で割ったような顔だね!」

とよく言われるけれど、憧れの女流プロ3人のような強いハートは、私には無い。ちなみに、名前は小林桃っていうんだけど…。

なんせ、すぐにあきらめてしまう自分をふがいなく思ったことは数えきれない。

でも、白鳥さんは私と違ってあきらめずに粘り強く戦って、不死鳥のごとく何度もよみがえってきた。南場に強い白鳥さん。今日もここからが勝負処。

いつのまにか頼りなく曲がっていた背筋を伸ばして、私は椅子に座りなおした。

【南1局】

この局、違和感が私を襲う。西家の白鳥さんの4巡目の手牌、

 

を引いて、一気に引き締まった。

は1枚切れ、はション牌。

 

ん?白鳥さんはを切った。同じ1枚切れなら、当たった時の打点と他の人の役牌を潰しておくことを考えてを切った方がいい。

次巡、

 

を引いて、切り。これもを切った方がいい。

を引いたこの形、点棒がないことを考えると、ドラのか456の三色が狙える、打点的にどちらかは使いたい。が重なって仕掛けての1000点はアガる価値がほとんど無いし、門前でいくにしろが重なるとタンヤオもピンフも消えてしまう。

つまり、が重なっても全く嬉しくない手なのだ。

さらに、

 

は6巡目に1枚切れ。ここでも白鳥は、

 

を切ってを残す。このようにをあとに引っ張れば引っ張るほど、他の人に鳴かれる可能性は上がってしまう。途中で重ねられることが多くなるのと、序盤にバラバラだと役牌は鳴きにくいが巡目が経って手が整ってくると鳴きやすくなるのが理由だ。

繰り返すが、この手で役牌の重なりは不要だ。どうせ切り出すのなら、先に役牌を処理した方がいい。

 

結局8巡目にを切って無事に通過したけれど、字牌の切り順には違和感を覚えた。

 

その次の巡目に、

 

やった!ドラが重なった!

一気に勝負手になった。胸が高鳴る。。

…でも。なにかが違う。

次巡、

 

を持ってきた白鳥さん。

 

一度つかんで、

 

また離して、

 

結局ツモ切った。

一体、どうしちゃったのだろう。

確かにこの巡目にが4枚切れになった。でも、状況の変化はほぼそれだけ。マンズの下目(数字の小さい方)は他家が3者とも切っていて、良さそうなことに変わりはない。

しかもを切ったのは下家の村上さん。白鳥さんが思考を整理する時間はあったはず。普段の白鳥さんなら、を引いた時にどうするかというシミュレーションは、すでに終えているだろう。

そのうえは待ちに絡む可能性のある部分、迷いがキズになってしまうことも大いににある。

自信の無さが、迷いにつながっているのか…私にはそう見えてしまった。

そして、

 

親の滝沢さんから先制リーチがかかる。

白鳥さんは、

 

同巡に追いついて、追っかけリーチを敢行。

いけーーーーーーーーーーーーーーーーー

とテンションの上がる私をよそに、

 

白鳥さんはこの表情。どれだけ自信無さそうなんだ…。

確かに、リーチ判断は難しかったと思う。

が切ってある滝沢さんの河。

白鳥さんがダマにしていればは脇からこぼれたかもしれない。

ただ、リーチをしてツモればハネマンだ。点差を考えるとダマテンの満貫では心もとない。打点上昇を考えてのリーチは悪くない判断だと思っていたけれど…。

11月のパブリックビューイングで見せた、チームリーダー多井さんの気迫あふれるプレイ。チームメイトの不調の前では効果がなかったのか…?

涙がにじんでモニターが霞んでしまう。気合を入れて応援しているファンとしては、白鳥さんが自信なさそうなのはツラい…

結果は…

 

滝沢さんの4000オールツモアガリ。白鳥さんは黒棒を出して支払った。

 

部屋の天井を見上げながら、思い浮かぶのは彼のこと。

 

そう、私にも違和感はある。彼はいつも麻雀優先。こないだ「もっと大事にする」って言ってくれたのはなんだったのだろう…。

一緒にいるときは楽しい。でも、ときどきどうしても心に浮かんできてしまう。

『私、本当に愛されてるのかな…?』

どんどん自信が無くなってくる。こうやって部屋に取り残されて、一人で泣いているなんて、嫌だ。

【南1局2本場】

ついに白鳥さんにチャンス手が入る。赤3枚を使い切れて、三色も狙えるすごい手だ。

巡目が深くなってきたので、仕掛けを考えた並べ方にした白鳥さん、

 

狙いは、を鳴いたときに、とさらしてその左からを切ることで、456もしくは567の三色と誤認させてでアガろうということか。

しかし、この並べ方だと三色が確定するを鳴いたときに右から3番目のを切ることになってしまい、の右2枚が浮き彫りになってピンズ待ちが透けてしまうんじゃないか…

不安に駆られながらモニターを見つめる私。なかなかテンパイしない…お願い、テンパイして…

リーチ!!(ええ声)」

なんと先に村上さんからリーチがかかる。白鳥さんがツモったのは、

 

無筋のドラ。どうする…

 

あ、表情が変わった。闘志を内に秘めたいつもの白鳥さんに戻っている。ここは…

 

押した!

点棒状況的にライバルである村上さんのリーチ。はドラとはいえ端牌なので、赤3枚あるこの手ならアガリ逃しの方が痛いという判断か。

 

きゃーーーーーーーーーーー!

テンパイした!

は現物待ちなのでダマ。

すると、

 

テンパイした寿人さんからが零れる。

 

白鳥さん復活。8000点のアガリ。これで下3人は僅差。ここから…ここからだ。

【南3局】

ラス目で迎えた親番。4巡目にこの形。

 

どれを切る…

白鳥さんの選択は

 

を鳴くコース本線で、その場合に雀頭候補となるをトイツ固定。既に2枚切れで横のくっつきに強いを残すことで、

3種のくっつきに期待する。5ブロック目を作るための可能性を出来るだけ広げる一打だ。

ところが、

「リーチ!!!!(ええ声)」

 

村上さんから満貫のリーチがかかる。待ちのの先切りが絶妙に効いていて、いい待ちに見える。

あ!って…

 

が重なってイーシャンテンになった白鳥さん。が浮いてる…。

お願い…どうかにくっついて…

 

やった!!!!

 

白鳥さんは打。そしてすぐに、

 

村上さんからが出てポン。テンパイ。これは、を引くとが出て行ってしまう、ヒヤヒヤする手格好なのだが…

「ツモ」

 

なんと白鳥さん、赤ドラ3、6000オールのツモアガリ。

ホワイトフェニックスは、アガリへの細い糸を手繰り寄せた。

 

モニターの前で手を叩いて喜ぶ私。

 

そう。可能性を広げておけば多くの変化に対応できる。私と彼の関係も、これからいろんな可能性がきっとある。なにも焦って結論を出さなくてもいいのかもしれない…。

胸の中に、小さな灯がともったようだった。

【南3局1本番】

白鳥さんの親番は続く。

 

このツモで、白鳥さんは、

 

をつまんで、

 

をつまんで、

 

を切った。

選択自体は、守備的に打つことの多い白鳥さんなら普通のものだ。しかし、会心の6000オールを決めても白鳥さんの迷いは晴れないのか…。

その後もスリムに構える白鳥さん。

 

手を進めながらも安全牌は確保している。

 

も先切り。

 

赤を使い切るため切り。これがアガれたらトップも夢じゃない。

 

は2枚切れ、は1枚切れだ。

 

え?????????????????????????????????

を残す理由がない。安全度が違いすぎる。もちろんを使う手でもない。

一体なにが起こっているのだろうか。

私の知っている押し引きにメリハリが効いている白鳥さんは、どこへ行ってしまったのか?

次巡、

 

と同じく1枚切れのもツモ切りにしたが、が切れたのは4巡目。対して、が切れたのは11巡目。最近通ったの方が安全度は高い。

はっきりとわかる。白鳥さんは字牌の切り順が決められていない。ずっと迷いの森の中にいる。

そんなとき、

「リーチ!!!!!!」

 

溌溂とした死の宣告がかかる。

待ちごろの単騎を探していた村上さん。

と切っているところからの手出しリーチには若干の違和感を覚えるが、

   )など、複合形で持っている可能性が低いため )トイツ手と決めつけることは難しい河だ。

このリーチを受けた白鳥さん、

 

安全牌がしか無い…

そのを切ってなんとか一発放銃は避けたものの、

 

次巡、安全牌がなくなって8000の放銃。

【南4局】

私には、気づいたことが2つある。

1つは、白鳥さんの字牌の癖。

役牌が重なっても嬉しくない手で、役牌の切り出しが遅れている。その影響として、

①他家の鳴ける可能性を上げてしまっている。

②自分の手の受け入れを犠牲にしている。

③切り遅れて放銃してしまっている。

オーラスのこの手牌も、

 

役牌を置く癖が出てしまっている。明らかなタンピン系の手。トイツがないこの手で役牌のが重なるよりも、引きで活きてくるを残したほうが良い。

5巡目、

 

死神の次に襲ってきたのは魔王だった。

 

この放銃で白鳥さんはラスになってしまった。

一方、私の心はスッキリしていた。

もう一つ気づいたこと。それは、私自身について。きちんと決めなければいけないということ。迷っていてはダメだということ。

彼に本当に大事にされているのなら、こんなふうにさみしい思いばかりすることなんてない。彼といる「なんとなく」の居心地のよさに、甘えていたのは私の方。

自分のことを決めるのは自分しかいないんだから。きちんと決めて変わらなきゃ。

そう白鳥さんに教えてもらったのだ。

『白鳥さん、私は変わります。

アナタもこのままでは絶対に終わりませんよね。

変わってくれることを願ってます』

 

「鍵はポストに返したよ。さようなら」

 

そう書き置きをして、部屋をぐるっと一周見回したあと、私は家を出た。

さようなら。今までの私。

さようなら。麻雀が大好きなあなた。

さようなら。

ゆうせー
京都大学法学部卒の現役塾講師でありながら雀荘の店員もこなし、麻雀強者が最も集まる人気オンライン対戦麻雀「天鳳」でも全国ランキング1位(鳳南2000戦安定段位ランキング2018年5月現在)、麻雀界では知る人ぞ知る異才。「実戦でよく出る!読むだけで勝てる麻雀講義」の著書であり、Mリーガー朝倉康心プロの実兄。

(C)AbemaTV

 

 

近代麻雀戦術シリーズ新刊情報

「麻雀強者の0秒思考」

著:ZERO

12月15日発売!!!!

Amazonでの予約はこちら→「麻雀強者の0秒思考」