部屋とMリーグとスワンと私~白鳥翔が教えてくれたもの~【熱論!Mリーグ】

熱論!Mリーグ【Thu】

部屋とMリーグとスワンと私

~白鳥翔が教えてくれたもの

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2018年12月6日

 

「ホントごめん。じゃあ、行ってくるね!その鍵、持っててくれたらいいし!」

鍵と私を置き去りにして、彼は出て行った。セリフと違って全然申し訳無いと思ってない表情が、妙に頭に残る。

先輩に麻雀誘われたんならまぁしょうがないけどさ。

私、このままでいいのかな。自分がどうしていいか分からなくなってくる。

今から一緒に見るはずだったMリーグ。モニターには私が大好きな白鳥さんが映っている。Mリーグでは不振が続いているけれども、

 

「自分に出来ることを積み重ねていく」

そう力強く語っている白鳥さん。もしかしたら、私のすべきことを教えてくれるかもしれない。

 

私は、彼のいない彼の部屋で、白鳥さんを応援することにした。

これは、12月6日(木)のMリーグの試合にまつわる、とある1組のカップルの物語…。

 

【東2局】

中盤に、

 

高め三色のリーチを打つ白鳥さん。は3枚切れだけれど、山には確実に居そう。

そこに、

 

本日お誕生日の滝沢さんが大物手で追いついてきた。

イケメン対決…

勝負の行方は、

 

ハ、ハッピーバースデイ…(震え声)

 

滝沢さんのホンイツドラ3に白鳥さんが放銃。奇しくもイチゴのケーキと同じような色合いだ…

【東3局】

親番の白鳥さん、

 

このイーシャンテンからドラのを切る。

「ロン」

 

なんとこれがまたもや滝沢さんに放銃。6400。誕生日プレゼントにしては高くつき過ぎだ…

こんな感じで東場に大失点をしてしまうケースが、Mリーグの白鳥さんには多いと思う。でも、この日東場の白鳥さんは手順上何も悪いことをしていない。ツイていないだけ。

ただ、1つ気になるシーンがあった。

親番の7巡目、2枚切れのを抱えているところに、