堀慎吾、匠の技で3勝目!! サクラナイツ4連勝で3強時代突入か!?

堀慎吾、

匠の技で3勝目!!

サクラナイツ、4連勝で

3強時代突入か!?

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」の開幕29日目、第1戦は堀慎吾KADOKAWAサクラナイツ)が、トップを獲得。序盤にリードした朝倉を堀が捉え、トップ目に立つと強固な守備と巧みな加点で逃げ切りトップ。堀は3勝目、サクラナイツは4連勝で100ポイントを超えた。

第1戦の対局者は、セガサミーフェニックス茅森早香TEAM雷電本田朋広U-NEXT Pirates朝倉康心、そして堀の4名。

東2局3本場、堀が4巡目に【東】を鳴いて次巡にドラ2・赤1のテンパイ。カン【4ソウ】待ちから【4ソウ】【7ソウ】待ちに変化したところで【4ソウ】ツモ。2000・4000で堀がトップ目に立つ。

次局、親の茅森が567サンショク・ドラ1・赤1のカン【6ピン】待ちを朝倉から討ち取って12000点。茅森が堀に肉薄する。

その後、本田と朝倉もマンガンをツモってかなりの接戦となる。

が南2局と3局に、朝倉が堀と茅森に8000と12000を打ち上げてトップ戦線から脱落。

オーラスは、朝倉と本田のリーチ合戦。朝倉が本田からピンフ・ドラ1・ウラ1の8000をアガり、着順はそのままで試合終了。

堀が個人3勝目をあげて、チーム4連勝を成し遂げた。

堀はインタビューで、

「(チーム4連勝について)うれしいです」

と語った。

また”至極の一局”については

「東3局(1本場)ですね。ダマテンを張っているたところに茅森さんからリーチが入って、ダマ続行かリーチか、どうしようかな? と思ってたら【5マン】ツモ(アガリ)。あれが最高でしたね」

と語った。

【Result】
1着 堀慎吾サクラナイツ 3万7800点/+57.8
2着 茅森早香・フェニックス 3万3400点/+13.4
3着 本田朋広・雷電 2万000点/▲20.0
4着 朝倉康心・パイレーツ 8800点/▲51.2

【Total】
1位 EX風林火山 +513.2(28/90)
2位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +322.9(28/90)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +130.2(29/90)
4位 渋谷ABEMAS ▲75.7(28/90)
5位 赤坂ドリブンズ ▲75.8(28/90)
6位 セガサミーフェニックス ▲206.9(29/90)
7位 U-NEXT Pirates ▲250.8(29/90)
8位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲357.1(29/90)

大和証券 Mリーグ サクラナイツvsフェニックスvs雷電vsPirates

詳細情報
KADOKAWAサクラナイツvsセガサミーフェニックスvsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
11月22日の対戦はKADOKAWAサクラナイツvsセガサミーフェニックスvsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates

キャスト

KADOKAWAサクラナイツ
セガサミーフェニックス
TEAM RAIDEN / 雷電
U-NEXT Pirates
実況:日吉辰哉
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ サクラナイツvsフェニックスvs雷電vsPirates

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!