女たちの “2100秒の攻防” Mリーグ女流大戦勃発!【熱論!Mリーグ】




熱論!Mリーグ【Mon】

女たちの

“2100秒の攻防”

Mリーグ女流大戦勃発!

文・阿部柊太朗【遊軍ライター】2018年10月22日

 

「ロン、2000は2900。」

会心のアガリだ。

全員の意地とプライドが正面からぶつかり合う、息の詰まる35分間の攻防。

その2100秒の間に一体何が起こったのか。

 

始まりは東3局に遡る―――

静かな立ち上がりだった。

魚谷と高宮が積極的な仕掛けとリーチで先手を取りに行き、二階堂と黒沢は対応しながら大きく手を構える。

およそ4者のイメージ通りの展開。

局面が動いたのは東3局。

黒沢がリーチ一発ツモ平和ドラ裏のアガリ。お釣りのないお手本のような3000・6000を決め、セレブリティを見せつける。住居は白金だろう。

東4局、シロガネーゼ黒沢のアガリに触発され場が一気に熱を帯びる。

親番の高宮、ここから場に1枚切れのの対子落とし。

若くして成城石井で買い物をするような、若干無理のある生活設計にも見えるが、セレブへの高い意気込みを感じる。

西家の亜樹。

親の対子落としを受けて、ここから打

「あれ?亜樹ってこんな残すような打ち手だったかな?」

親の高宮がやる気に満ちているのは明白。ここはを切ってを残すのが、今までの亜樹ではなかったか?何かがおかしい。

魚谷もドラドラで役牌を仕掛けて前に出る。

さらにシロガネーゼ黒沢もここから打

全員が安全牌を抱えず、守備を捨てて前に出てきた。

血で血を洗う、連盟女流骨肉の争い。

第一次Mリーグ女流大戦開幕だ。

先制攻撃は黒沢。

セレブリティ全開のきらびやかなリーチで宣戦布告。

魚谷も待ちの聴牌で追いついて、総攻撃。

しかしここは、2人聴牌で流局。

高宮と亜樹がノーテン罰符という名の和解金を払うことで第一次大戦はで終結。

南1局1本場、戦いはさらにヒートアップ。

亜樹がこの形からダブをポン。

ダブとはいえ、残りがこの形。

かなり積極的な仕掛けだ。

立ちはだかるは、やはり親のシロガネーゼ黒沢。