高宮まり、魚谷侑未は “亜樹・黒沢”世代を超えられるのか【熱論!Mリーグ】

熱論!Mリーグ【Mon】

高宮まり、魚谷侑未は

“亜樹・黒沢”世代を

超えられるのか

文・花崎圭司【月曜担当ライター】2018年10月22日

Mリーグ第4週月曜、第13節。

Mリーグで見たかった戦いが第1回戦で行われた。

その見たかったカードというのは「女流Mリーガー」バトルだ。

Mリーガー21人中女性は5人。そのうち魚谷侑未プロと茅森早香プロは同じチームなので、この4チーム同士の組み合わせしかオール女流対決は実現しない。

その第1回戦の出場選手は

東家・黒沢咲(TEAM雷電)、南家・二階堂亜樹(EX風林火山)、

西家・魚谷侑未(セガサミーフェニックス)、北家・高宮まり(KONAMI麻雀格闘倶楽部)

の4人だ。

二階堂亜樹

男ばかりだった麻雀の世界に彼女が出てきたことは“革命”だった。それまでも女流プロはいたが、彼女の存在は「女流麻雀プロのアイコン」となり、現在まで引っ張ってきている。彼女をモデルとした漫画「aki」の原作を書かせていただいたが、本当にいろんな偶然が重なって女流プロ「二階堂亜樹」という存在が生まれ、麻雀界を変えたことが分かる。漫画はまだまだ続きを考えていたところだったので関係各社、よろしくお願いします。

と、閑話休題。亜樹というアイコンに姉・瑠美が加わり、「二階堂姉妹」というさらなる大きなアイコンができた。しかし麻雀は2人ではできない。

ライバルが必要だ。そこに現れたのが黒沢咲だ。

その後数多くの女流プロが続いて出てきたのは、麻雀ファンの方ならご存じだろう。

しかし、あるときマンネリではないが停滞したムードがあった。男性は男性、女性は女性のやり方みたいな区分、同じようなメンツのカード、麻雀の考え方・戦法。それがパターン化されてきた。

それを突き破ったのが魚谷侑未プロだ。

当時は「鳴き」というのは邪道という考えが強かった。例えば、鳴き三色のみでアガるというのは、ルール上はできるが、それをやると明らかに空気が悪くなった。

手役で魅せるのが麻雀プロだ。それがエンターテイメントだ。

しかしそこから「勝つために一番効率がいい、確率がいい打牌はなんなのか」、「使えるものはすべて使って戦う」という時代に入った。馬場・猪木のプロレスから、前田・髙田の総合格闘技にうつったのに似ている。

話はそれるが、総合格闘技におされていたプロレスが、オカダカズチカというひとりの天才によって、新しいエンターテイメントプロレスが人気となっている。麻雀もMリーグという存在によって、新しい原点回帰、麻雀古典復興(ルネサンス)が起こるのかもしれない。起こってほしい。

その象徴となる「モナ・リザ」はいったい誰なのか?

その候補のひとりが、高宮まりプロだ。

女流の宿命でもあるが、どうしてもビジュアル先行になってしまう。高宮もいろいろと言われたであろう。

今から5年ほど前、魚谷侑未プロを取材し、彼女の自伝的コラムを書いていた。その時一度、高宮プロに取材したことがある。まさにビジュアルで注目されはじめたころだ。

その日は雨で少し寒かったことを覚えている。待ち合わせ場所にいると高宮プロがやってきた。髪はボサボサで化粧も最低限、服装もラフなものだった。疲れが見えていた。これがデートなら僕はビビってしまって解散、というところだが、仕事なので自分の強度の人見知りを心の奥の棚にしまって、インタビューをした。

何人か女流プロ雀士の方にインタビューをしたことがあるが、全員自分を持ち、ルールがあり、そして真摯に話してくれた。仕事で麻雀界以外の人にもインタビューをしたことがあるが、麻雀プロで適当な感じで話をする人はほとんどいなかった。

高宮プロも親友である魚谷プロのこと、麻雀のことを話してくれた。

そして彼女はなにより勝つことを欲していた。勝ち方も華麗な麻雀ではなく、力強い麻雀で進みたい、という印象を持った。

このMリーグ女流プロの戦いは、ただのチーム対抗戦ではない。「亜樹・黒沢」世代と「魚谷・高宮」世代の戦いでもある。

高宮は東1局、2局と軽快にアガり、点数を稼いでいくが、東3局、黒沢がハネ満をツモり、頭ひとつ抜ける。

そして南1局3本場。流局が重なりリーチ棒が4本たまる。現代麻雀ではこの供託を積極的に取るように手牌を進めるのが主流になっている。黒沢の手元に青い千点棒が4本並ぶ。

7巡目。亜樹がダブをポンしてを切る。

魚谷はそれに呼応するかのようにをチーし、食いタンに向かう。

【亜樹手牌】

 打 ポン

【魚谷手牌】

 打 チー

その後、魚谷がポンをしてテンパイ、亜樹もテンパイを入れる。

【亜樹手牌】

 ポン ポン

【魚谷手牌】

  ポン チー

そして高宮もテンパイを入れ即リーチする。

【高宮手牌】

亜樹と魚谷からテンパイ気配を感じているはずだが、迷いなく“ノータイムリーチ”をする。結果亜樹へ放銃となるが、これが高宮の力強さだ。

南2局。高宮は順調に手牌を進め、9巡目テンパイを入れる。

【高宮手牌】

でもここでリーチはしない。トップ目の黒沢とは約2万点差。ラス親があるとはいえ、このチャンス手、もう一役つけたい。

そして次巡、絶好のを引いてくる。そして“ノータイムリーチ”を掛ける。

【高宮手牌】

黒沢が同巡テンパイを入れるが、危険牌を切らずに撤退しながら方向転換、さらにテンパイまで持っていく。

【黒沢手牌】

この手に放銃したのが高宮だった。

この後、南3局には黒沢に、

そして南4局も高宮は攻め続け、亜樹に放銃する。

怒とうの4連続放銃。

これこそ高宮の力強さ、そして真骨頂なのだろう。

これが裏返れば、相手がアガる前に自分がアガり、放銃することはないのだから。

とはいうもののやはり勝たないといけないのも事実だ。

 

 

第2回戦。

その高宮が所属するKONAMI麻雀格闘倶楽部はプロ21人中最下位の佐々木寿人プロが出場。捲土重来を期するが、最下位に沈んだ。

現在KONAMI麻雀格闘倶楽部のポイントは-393.9pt。プレーオフ通過ラインはトータルポイント、0から+100の間ぐらいになるだろう。少なくとも“借金”は返済しないといけない。

これからもっと「チーム戦略」が大切になってくるだろう。まずトップを取る。トップを取れそうになかったら、このチームをマークして上に行く、といういろんなオプションプレーが必要になってくるはずだ。

クリスマスあたりにどうなっているか、ひとつの目安になるはずだ。その時見えるのは希望の光か、絶望の闇か。できれば前者であれと願う。

花崎圭司(はなさきけいじ)

放送作家・小説家・シナリオライター。映画化になった二階堂亜樹の半生を描いた漫画「aki」(竹書房刊)の脚本を担当。
Mリーグの魔物がもたらした萩原聖人の変化【熱論!Mリーグ】
女たちの “2100秒の攻防” Mリーグ女流大戦勃発!【熱論!Mリーグ】
もしも麻雀がなかったら…一途な最速マーメイド 魚谷侑未の覚悟【熱論!Mリーグ】
俺たちの恋人 二階堂亜樹と過ごす史上最長の夜【熱論!Mリーグ】
ブルドーザー・前原、変幻自在・園田 それぞれの持ち味を長考しながら堪能する夜【熱論!Mリーグ】
狙うは白鳥翔の首ひとつ! 渋谷ABEMAS包囲網を敷け!【熱論!Mリーグ】
二階堂亜樹、メンタル崩壊…舞姫を狂わせた近藤誠一の禁じ手【熱論!Mリーグ】
“多井隆晴vs朝倉康心”新旧エース同士の世代闘争勃発!【熱論!Mリーグ】
白鳥は水面下でもがいているからこそ“リア充”に見える【熱論!Mリーグ】
麻雀攻めダルマ・佐々木寿人はこのまま終わってしまうのか【熱論!Mリーグ】
私の名前は石橋伸洋 赤字は垂れ流さない【熱論!Mリーグ】
まさにMリーグインフェルノ! オデが見た開幕戦の舞台裏【熱論!Mリーグ】
身内がMリーガーになった件 二階堂、前原、白鳥ら怪物たちと闘う弟【熱論!Mリーグ】
少牌、役満テンパイ…滝沢和典は本当に復活したのか【熱論!Mリーグ】
見た目は大事 Mリーグ・チェアマン藤田晋の著書「仕事が麻雀で麻雀が仕事」が記すビジネスの真実
Mリーグの船出 21人のプロ雀士に求められるもの【熱論!Mリーグ】
Mリーガー白鳥翔プロ【独占手記】開幕直前の胸中を綴る!
「Mリーグ」とは甲子園・春のセンバツ高校野球です 開幕直前、特別観戦記
サイバーエージェント・藤田社長がMリーグへの想いを語った「麻雀プロという職業を夢のあるものに変えたい」