佐々木寿人、6勝目!! チームを順風に乗せて、最下位脱出を目指す!!

佐々木寿人、6勝目!!
チームを順風に乗せて、
最下位脱出を目指す!!

12月6日に行われたプロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」。
2回戦は、KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(日本プロ麻雀連盟)がトップを獲得。佐々木は6勝目、チームは10勝目となった。

対局者は、赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦日本プロ麻雀協会)、EX風林火山・滝沢和典(日本プロ麻雀連盟)、渋谷ABEMAS・多井隆晴(日本プロ麻雀協会)、そして滝沢。

並びは、多井・園田・佐々木・滝沢。

佐々木リードで迎えた南1局、多井からタンヤオ・イーペーコーの2600をアガって点棒を上乗せする。

南2局、滝沢と佐々木の仕掛け合戦は自風のを鳴いた滝沢が、ドラ3でアガって2位に浮上。

南3局の佐々木の親番では、チートイツ単騎待ちをリーチ・ツモ。2位以下を引き離して佐々木がトップを確たるものにした。

佐々木は勝利者インタビューで「(11月19日以来のトップについて)ようやく個人のポイントを、プラスマイナスゼロに戻せそうだったところから低迷してたので、(今日のトップは)うれしいですね。(打数が多いことについて)打ってナンボなんで、打てば打つほど成績は戻ると思うので、苦にはなってないです。」と語った。

【Result】
1着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(日本プロ麻雀連盟)4万8100点/+68.1
2着 EX風林火山・滝沢和典(日本プロ麻雀連盟)2万1200点/+1.2
3着 渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)2万900点/▲19.1
4着 赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦日本プロ麻雀協会)9800点/▲50.2

【Total】
1位 EX風林火山 +293.1(46/80)
2位 赤坂ドリブンズ +194.9(46/80)
3位 U-NEXT Pirates ▲17.4(44/80)
4位 渋谷ABEMAS ▲56.3(44/80)
5位 セガサミーフェニックス ▲57.2(42/80)
6位 TEAM雷電 ▲63.5(44/80)
7位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲293.6(46/80)

◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。

(C)AbemaTV

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vs麻雀格闘倶楽部vsABEMAS


ポスト壇蜜?・大塚びる 【近代麻雀グラビアコレクション】