大誤算とは言わせない 超重量級の戦いで 醍醐大が魅せた諦め【Mリーグ2023-24観戦記 1/30】担当記者 ZERO / 沖中祐也

大誤算とは言わせない
超重量級の戦いで
醍醐大が魅せた諦め

文・ZERO / 沖中祐也【火曜担当ライター】2024年1月30日

超重量級の戦い

卓と小林が小さく見える。

1月最後の日、ボーダーラインを挟む攻防戦に送り出されたのは、超重量級の3人だった。

第1試合

東家:醍醐大
セガサミーフェニックス
▲452.5pt

南家:松本吉弘
渋谷ABEMAS
▲44.9pt

西家:松ヶ瀬隆弥
EX風林火山
▲203.6pt

北家:小林剛
U-NEXTパイレーツ
+483.3pt

実況:日吉辰哉
解説:石橋伸洋

見た目とは裏腹に、南場を迎えるまで小さな動きで進行していった。

局を諦め、勝負を諦めない

南1局2本場

「ポン」
まずは松本が動く。

【2ソウ】ポンは【發】バック(後付け)の構えである。
ドラの【發】は簡単に打ち出される牌ではないが(特に仕掛けを入れると)スルーするとテンパイすら苦しい。
さらに言うと、この手牌はトイトイになる可能性も十分にある。

この仕掛け自体は自然に見えるが、やる気のでない手牌から【發】がたった今重なったばかりであり、すぐ【2ソウ】に反応できるあたりが松本の高い瞬発力を示している。

「ポン」
次に動いたのは小林である。

松本の手牌と違って門前リーチが狙える上に、小林はラス目。
安全牌も無く、多くの打ち手がスルーするのではないか。

1ハン確定させ、手牌をアガリに近づける。
好調だろうと不調だろうと、やることは変わらない。これが小林の平常運転。

二人の仕掛けに挟まれた格好になったのが親番の醍醐である。

サザエさんのような髪型で悩む醍醐の手牌がコチラ。

678の三色が見えるこの手牌で、醍醐は上家に合わせるように

【4ピン】を切った!
手を崩したのである。

浮いているドラの【發】を含め、この手牌では間に合わないと判断したのだろう。
松本(下家)の捨て牌が濃い上に、タンヤオっぽくない。
となると、残っている役牌は【發】だけなのだ。
【東】【西】だってトイトイに危険である。

それにしても… である。
開幕からチームも自身もずっと苦しい展開で、そうして迎えた負けられない1戦。
最後の親番を諦めるのはどれだけ辛いだろうか。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀戦術シリーズ新刊/