白鳥翔、シーソーゲームを乗り切ってセミファイナルシリーズ、初戦を制す!!

白鳥翔、

シーソーゲームを乗り切って

セミファイナルシリーズ、

初戦を制す!!

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2021-2022 セミファイナルシリーズ」の1日目、第1戦は白鳥翔渋谷ABEMAS)が、トップを獲得。茅森・瑞原・二階堂がトップを競っていたところ、ラス前の親マンガンで一気に白鳥がトップに躍り出て、オーラスも自らアガってトップを決めた。

第1戦の対局者は、EX風林火山二階堂亜樹セガサミーフェニックス茅森早香U-NEXT Pirates瑞原明奈、そして白鳥の4名。

東1局、北家・茅森が15巡目にカン【7マン】待ちをツモアガリ。345サンショク・ドラ2の2000・4000。茅森が先制打を決める。

東4局、南家の瑞原が自風の【南】を鳴いて、ドラの【7ピン】アンコ・赤1のマンガンを茅森から直撃。瑞原が微差のトップ目に立って南入する。

瑞原は南2局にリーチ・ツモ・ウラ1の1000・2000を加点してリードを広げる。

しかし南3局、親の白鳥の7巡目リーチに瑞原が一発で【2ピン】をツモ切ると、これがストライク。ピンフ・ドラ1の12000点で、白鳥がラス目から一気にトップ目に躍り出る。

オーラス、白鳥はピンフのヤミテンをアガリきって逃げ切りトップを決め、セミファイナルの初戦を勝利で飾った。

白鳥はインタビューで、

「女性3人とやるのは初めてだったと思いますけど、緊張しましたね。今年こそは優勝したいなという気持ちで臨んだ一戦が、トップでよかったです。ABEMASの試合としては残り15試合、まだまだ楽しんで視聴していただきたいです」

と語った。

【Result】
1着 白鳥翔・ABEMAS 3万4900点/+54.9
2着 二階堂亜樹・風林火山 2万9000点/+9.0
3着 茅森早香・フェニックス 2万2100点/▲17.9
4着 瑞原明奈・パイレーツ 1万4000点/▲46.0

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +219.0(1/16)
2位 U-NEXT Pirates +142.6(1/16)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +124.5(0/16)
4位 EX風林火山 +101.2(1/16)
5位 KADOKAWAサクラナイツ +88.5(0/16)
6位 セガサミーフェニックス +74.2(1/16)

朝日新聞Mリーグ2021-22 セミファイナルシリーズ1日目 

詳細情報
EX風林火山vs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックスvsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「朝日新聞Mリーグ2021-22 セミファイナルシリーズ」
3月21日の対戦はEX風林火山vs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックスvsU-NEXT Pirates

キャスト

EX風林火山
渋谷ABEMAS
セガサミーフェニックス
U-NEXT Pirates
実況:日吉辰哉
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

朝日新聞Mリーグ2021-22 セミファイナルシリーズ1日目

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!