松本吉弘・近藤誠一、同点トップ!! ABEMASが、同日2連勝で首位に立つ!!

松本吉弘・近藤誠一、

同点トップ!!

ABEMASが、同日2連勝で

首位に立つ!!

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2021-2022 セミファイナルシリーズ」の1日目、第2戦は松本吉弘渋谷ABEMAS)と近藤誠一セガサミーフェニックス)が、同点でトップを分けた。

第2戦の対局者は、EX風林火山勝又健志U-NEXT Pirates石橋伸洋、そして松本・近藤の4名。

東1局は西家・石橋が1300・2600のツモアガリ。迎えた東2局、親は近藤。【中】を鳴いた近藤はドラの【4ソウ】【9マン】のシャンポン待ちでテンパイ。西家・勝又がリーチ後にドラで放銃。【中】・ドラ3・赤1の12000点で近藤がリードを奪う。

次に場が動いたのは東4局2本場。喰いタンヤオのテンパイを入れていた親の勝又が、松本のリーチに【3マン】をプッシュすると、安めながらストライク。ピンフ・赤2の8000点。松本が近藤と同点のトップ目となる。

南1局、近藤がリーチの石橋からタンヤオ・ドラ3・赤1の8000点を仕留めてふたたびリードすると、南2局では松本が勝又からリーチ・サンショク・赤1の8000点をアガって、近藤の独走を阻む。

近藤の1000点のリードで迎えたオーラス、松本が2副露して喰いタンヤオのテンパイ。ソーズ染めの勝又からツモ切りの【3マン】を捕えて1000点のアガリ。松本が近藤に追いついて、同点のトップで試合終了となった。

近藤はインタビューで、

「フェニックスとしては上々の滑り出しと言えるのではないかと思ってますけどね、これからもまだまだがんばりますよ(笑)」

松本はインタビューで、

「(同点トップは)上出来といったところですかね。セミファイナル残り14戦あっという間に終わってしまうんですが、その分ギュッとなってるので見てる人も飽きさせないのかなと思ってます」

と語った。

【Result】
1着 松本吉弘・ABEMAS 4万700点/+40.7
1着 近藤誠一・フェニックス 4万700点/+40.7
3着 石橋伸洋・パイレーツ 1万8200点/▲21.8
4着 勝又健志・風林火山 400点/▲59.6

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +259.7(2/16)
2位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +124.5(0/16)
3位 U-NEXT Pirates +120.8(2/16)
4位 セガサミーフェニックス +114.9(2/16)
5位 KADOKAWAサクラナイツ +88.5(0/16)
6位 EX風林火山 +41.6(2/16)

朝日新聞Mリーグ2021-22 セミファイナルシリーズ1日目 

詳細情報
EX風林火山vs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックスvsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「朝日新聞Mリーグ2021-22 セミファイナルシリーズ」
3月21日の対戦はEX風林火山vs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックスvsU-NEXT Pirates

キャスト

EX風林火山
渋谷ABEMAS
セガサミーフェニックス
U-NEXT Pirates
実況:日吉辰哉
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

朝日新聞Mリーグ2021-22 セミファイナルシリーズ1日目

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \ほぼ毎日4コマ 最新④巻 好評発売中!/