【渋川難波】勝負どころを見極めろ【Mリーグで強くなれ15】白鳥翔

その15 勝負どころを見極めろ

麻雀に限らず勝負には、「勝負どころ」というものがあります。
「勝負どころ」の定義は非常に難しいですが、僕の中では

「たとえその瞬間は損かもしれない選択をしてでも、なんとかしなければいけない局面」
のことを言います。
一番わかりやすい例だと、ラス目のオーラスの親番がまさにそれですね。
仮に手が悪かったとしても、あっさりオリるとラスを受け入れるようなものなので、かなり無理してでも和了に行かざるをえないでしょう。
そして、麻雀には様々な「勝負どころ」があります。それを見極めることができるとあなたの雀力はとても上がることでしょう。
さてそれでは、こちらをご覧ください。
「繊細な押し引き」で有名な白鳥翔選手。この状況で、何を切ったでしょうか?

37700点持ちのトップ目で親のリーチに無筋を押すか?

 

 

解答

(押し)

解説
まずは状況をまとめます。
オーラスのトップ目で、テンパイしています。
しかし、親リーチが入り掴んだは危険牌です。
ここで放銃すると、トップはおろか三着やラスまで見えてきます。しかもを押すと、他の二人も親リーチの現物とは言えを簡単には切ってはくれないでしょう。
正直僕は解説していて、これは白鳥選手はオリるだろうな、と思っていました。それほど、押すのはきついと思っていたのです。
しかし小考の末、白鳥選手はバチコンと力強くを押したのです
何故トップ目から押せたのか、その時の思考を考えてみましょう。


①親のたろう選手は、三着目。つまり、安手だろうと愚形だろうとリーチしてくる可能性は高い
②通ってない無筋もまだまだたくさんある(マンズ3種類ソーズ3種類)ので、仮にリャンメン待ちだとしても放銃率はそんなに高くはない
③12000放銃したとしてもまだ二着目
④オリたとしても4000オールで逆転される、流局したとしてもまだ局は続くの
⑤自分の待ちはまだ見た目7枚も残っているし、何より和了った瞬間トップが決まる

この辺りが主な理由でしょう。ここに細かい読みとか色々入ってるかもしれませんが、大まかには変わらないと思います。
トップ目から親リーチに無筋を打つ。これ自体は基本的に損なことだと皆さんもわかっていることでしょう。
しかし「勝負どころ」においては、その損もやらなければいけない時があるのです。
今回は、「和了ればトップが決まる」そして「この手以上のものが次局にくるかはわからない」この二点が肝となり、押したのだと思います。
そして、この押しがどうなったかと言いますと

見事和了りきり、トップを決めました。
オリているとこの後どうなっていたかは全くわかりません。
このように、「勝負どころ」を見極めると、勝ち切る力がつくと思いますので、皆さんも意識するようにしてみてください。
それでは、また!

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!