最後のファイナリストは多井隆晴! 復讐を誓う最速最強の完勝劇‼︎ 麻雀最強戦2020「ザ・リベンジ」観戦記【決勝卓】

最後のファイナリストは

多井隆晴! 復讐を誓う

最速最強の完勝劇‼︎

【決勝卓】担当記者:東川亮 2020年12月6日(日)

麻雀最強戦2020「ザ・リベンジ」。

今シーズンの麻雀最強戦で惜しくも敗れた者たちが集う、敗者復活戦である。

とはいえ、どの選手を見てもファイナリストにふさわしい顔ぶれ。

4名に絞られた復讐者たちの中から、リベンジの機会を与えられるのはたった1名。

彼らはその権利を、目の前の敵を蹴落として得なければならないのだ。

A卓1位・鈴木たろう

予選では3度のドラ暗刻をいずれもアガリに結びつけて圧勝した。

勢いそのまま、一気にファイナルへと名乗りを上げるか。

A卓2位・白鳥翔

たろうに走られながらも、巧みな立ち回りで2位を確保して決勝卓に進出した。

渋谷ABEMASの盟友・多井隆晴には昨年の麻雀最強戦で勝利しており、再現を狙う。

B卓1位・多井隆晴

『最強「M」トーナメント』では5万点以上の差を二階堂亜樹にまくられて逆転負け。

かねてから最強位への強い執着をあらわにしており、与えられたリベンジの機会を逃す訳にはいかない。

B卓2位・井出洋介

Mリーグがはじまり、麻雀人気が盛り上がりを見せている昨今だが、今日へと続く道筋を作った一人がこの方であることは疑いようがない。

Mリーガー3人を相手に往年の力を見せつけ、新津潔へ四暗刻の借りを返しに行く。

東家:たろう 南家:井出 西家:白鳥 北家:多井

東1局

序盤からたろうが仕掛けを入れていくも、先制を取ったのは多井。

一方、白鳥はその裏で大物手を育てていた。

ホンイツドラで満貫確定、リーチの直後に急所のカンpastedGraphic_6.pngを埋め、当然のヤミテンかと思われた。

しかし、白鳥はそう時間をかけることなくリーチを打った。

これがトップ取りの勝負、マックス打点を取りに行ったということか。

もちろんリスクもあるが、ここで多井を直撃できれば怖い相手をトップ戦線から大きく後退させることも可能だ。

二人のリーチに親のたろうもドラ単騎で追いつき、いきなり火花散る対決となったが、ここは流局。

次局も多井がpastedGraphic_10.pngpastedGraphic_11.png待ちリーチで先手を取る。

仕掛けてテンパイを入れていた井出が食い下がるも自らツモり、裏ドラ1枚を乗せて満貫に仕上げた。

多井は守備力に定評のある打ち手。

トップ取りの舞台で点数を持ったなら、いつも以上に守備力を発揮していくだろう。

 

東2局、3巡目に打たれた自風のpastedGraphic_15.pngは当然とも言えるスルー。

さらに、手が進まないとなればpastedGraphic_17.pngpastedGraphic_18.pngpastedGraphic_19.pngからpastedGraphic_18.png打ち。

早々にメンツ手を見切り、守備力を担保した形で進行していく。

直後に白鳥がリーチ。

待ちはpastedGraphic_21.pngpastedGraphic_18.png、直前に多井が逃がした牌だった。

これに対し、たろうはいったんpastedGraphic_23.pngのトイツ落としで迂回する。

ツモpastedGraphic_25.pngは押していたらツモアガっていた牌だったが・・・

pastedGraphic_10.pngpastedGraphic_11.png待ち、高目三色の追っかけリーチ!

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!