【麻雀最強戦2019】優勝は金子正輝プロ(最高位戦日本プロ麻雀協会)!! 「男子プロ代表決定戦 天使の吐息」

金子正輝、悲願の初ファイナル進出!!
乗らない裏ドラがついに乗った!!

本日7月13日(土)15時より、麻雀最強戦2019「男子プロ代表決定戦 天使の吐息」が行われた(司会:小山剛志/アシスタント:鈴木ふみ奈/実況:梅中悠介/解説:近藤誠一・前田直哉)。その模様はAbemaTV麻雀チャンネルにて生配信され、金子正輝プロ(最高位戦日本プロ麻雀協会)が優勝した。優勝した金子プロは、12月に行われる「麻雀最強戦2019ファイナル」へと進出することになる。金子プロは悲願のファイナル初進出を果たした。

本日の対戦は「麻雀最強戦2019」の第11戦となる。

出場メンバーは次の通り。

A卓 前原雄大 村上淳 鈴木達也 金子正輝
B卓 森山茂和 馬場裕一 瀬戸熊直樹 萩原聖人

A卓からは金子・鈴木、B卓からは森山・萩原が勝ち上がった。

▲A卓1位・金子正輝プロ
▲A卓2位・鈴木達也プロ
▲B卓1位・森山茂和プロ
▲B卓2位・萩原聖人プロ

決勝は半荘1回戦。

金子・森山・萩原・鈴木の並びで対局はスタート。

東1局は、親の金子がダブアンコの配牌をもらい、ドラのを切って先制リーチ。高めイーペーコーとなるをツモ和了り。4000オールでスタートダッシュを決める。

続く1本場、金子はタンヤオのリーチで攻めるも、これは1人テンパイで流局。

同2本場、3本場は森山の1人ノーテンで、2連続流局。

4本場は金子が、食いタンヤオをツモって500オール。連荘を伸ばす。

5本場は、またも金子が6巡目に待ちのピンフの先制リーチを入れる。これに鈴木がタンヤオ・ピンフの待ちで追いかけるが、2人テンパイで流局。

6本場、鈴木にドラのがアンコの配牌が入る。
5巡目に萩原がペン待ちで先制リーチをかける。
森山が萩原からをポンしてホンイツのテンパイを果たし、次巡ツモアガリ。1300・2600のツモアガリで、ようやく金子の親を落とすことに成功する。

東2局、森山がカン待ちのタンヤオ・ドラ1でリーチ(ドラ)。しかしこれは、萩原との2人テンパイで流局。

1本場、萩原が待ちのリーチ。が、ポン、カンチーと仕掛けていた森山がアンコの手をツモ和了り。500オールで2本場へ。

2本場は、鈴木が森山のリーチ宣言牌をキャッチ、タンヤオ・ドラ2の3900を討ち取る。

東3局は親の萩原が待ちの先制リーチをかけて、をツモ和了り。1000オールで1本場へ。

1本場は萩原が、ドラ単騎待ちのチートイツでリーチをかけるも、1人テンパイで流局。

同2本場は15巡目にふたたび萩原が、カン待ちのイーペーコーでリーチし、森山と2人テンパイで流局。

同3本場、今度は金子が待ちの先制リーチ。対して萩原がカン待ちで追いかけるも、を掴んで、ドラ1の2600点の放銃。

東4局は金子がノミの300・500をツモって南入。

南1局、終盤に萩原がリーチを打つも、金子との2人テンパイで流局。

同1本場、今度は鈴木がをアンコにして4巡目にリーチ。待ちのを萩原が打ち込んで2600の放銃。

南2局、鈴木が三暗刻を9巡目にテンパイ。待ちのを金子から直取りし、6400点を詰める。

南3局、萩原が単騎待ちのチートイツでリーチをかけるも、金子が待ちで追い掛けリーチを敢行。
さらに森山がドラのを切って待ちのピンフ・ドラ1。これに金子が飛び込んで3900。

そしてオーラスを迎えての点棒状況は次の通り。

 金子 34,000
 森山 25,600
 萩原 13,700
 鈴木 26,700