黒沢咲、抜きつ抜かれつの攻防を制して、個人2位!!

黒沢咲、
抜きつ抜かれつの攻防を制して、
個人2位!!

11月30日に行われたプロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」。
1回戦は、TEAM雷電・黒沢咲(日本プロ麻雀連盟)がトップを獲得。この勝利によりチームは10勝目、黒沢は個人2位に浮上した。

対局者は、赤坂ドリブンズ・村上淳(最高位戦日本プロ麻雀協会)、EX風林火山・勝又健志(日本プロ麻雀連盟)、KONAMI 麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(日本プロ麻雀連盟)、そして黒沢。

並びは村上・勝又・佐々木・黒沢。

トップ佐々木、2着黒沢で迎えた南1局、村上が・ドラ3のテンパイ。そして佐々木がリーチ。これは村上に軍配が上がり、親マンガンのツモで村上がトップに躍り出る。

南2局2本場、村上のリーチが入る。
そして終盤に、チートイツ・ドラ2・赤1のテンパイを入れていた黒沢が、村上から討ち取ってトップに浮上する。

オーラスはラス目の勝又が、ハネ満ツモで村上にラスを押し付けて2位まで浮上。黒沢の逃げ切りトップとなった。

黒沢は勝利者インタビューで「ちょっとぐったりしましたが(トップをとれて)嬉しいです。先制してからも荒れ場になったので、最後まで気が抜けなくて… 疲れました。成績が正直できすぎかなと感じてましたけど、気持ちにブレーキを掛けないように、って思ってます。」と語った。

【Result】
1着 TEAM雷電・黒沢咲(日本プロ麻雀連盟)3万2500点/+52.5
2着 EX風林火山・勝又健志(日本プロ麻雀連盟)2万8200点/+8.2
3着 KONAMI 麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(日本プロ麻雀連盟)2万2900点/▲17.1
4着 赤坂ドリブンズ・村上淳(最高位戦日本プロ麻雀協会)1万6400点/▲43.6

【Total】
1位 EX風林火山 +194.1(41/80)
2位 赤坂ドリブンズ +128.3(41/80)
3位 渋谷ABEMAS +74.5(40/80)
4位 TEAM雷電 +26.6(39/80)
5位 U-NEXT Pirates ▲49.5(42/80)
6位 セガサミーフェニックス ▲55.9(38/80)
7位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲318.1(43/80)

◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。

(C)AbemaTV

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vs麻雀格闘倶楽部vs雷電