前原雄大、ハコ下からの大逆転!! ハードパンチで初勝利!!

前原雄大、

ハコ下からの大逆転!!

ハードパンチで初勝利!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020」の開幕10日目、第1戦は前原雄大KONAMI麻雀格闘倶楽部)が、トップを獲得。一時はハコ下に沈んだ前原だったが、南場の親での連荘でトップに立ち、オーラス差し切って自身の初勝利を勝ち取った。

第1戦の対局者は、KADOKAWAサクラナイツ堀慎吾セガサミーフェニックス茅森早香TEAM雷電黒沢咲、そして前原の4名。

黒沢のリーチ・ツモ・赤1の1000・2000で迎えた東2局。西家の黒沢が前原のリーチに追いかけて、ツモアガリ。タンヤオピンフ・ドラ1・赤2の3000・6000。まずは黒沢がロケットスタートを決める。

東3局は、親の前原のリーチをかわして、西家・茅森がトイトイのツモアガリで5200点を獲得。

次局、茅森の先制リーチにラス目の前原が追いかけるが返り討ちの憂き目に。リーチ・赤1の2600点。黒沢を茅森が追う展開で折り返す。

親を迎えた茅森の進撃が止まらない。をポンしてドラをアンコにすると、ほどなく赤入りのカン待ちでテンパイ。終盤にマンズのホンイツでテンパイしていた前原が、このを掴んでしまいツモ切りで放銃。茅森は12000点を徴収してトップに立つ。

しかし前原も黙ってやられてはいない。一時はハコ下に沈んだ前原だったが、南3局の親番で・ドラ3の4000オールをツモると、流局を挟んでタンヤオ・ドラ1・赤1の5800点を堀から仕留め、さらに次局はの1300オールのツモアガリでついにトップ目に踊りでる。

しかし同5本場、ラスを押し付けられた堀が会心のアガリを見せる。ドラ表示牌のペンを一発でツモって赤1・ウラ1の3000・6000。前原に6000点を被らせて、オーラスにハネマンツモでトップまで見える位置に浮上する。

4者の思惑が交錯するオーラス、制したのは前原。アンコの赤1テンパイをダマに構え、待ちのを黒沢から討ち取って、2600点。再度茅森を逆転することに成功した。

前原がハコ下からの大逆転で、麻雀格闘倶楽部に自身の初勝利を持ち帰った。

前原はインタビューで、

「チーム状況が悪いし、(トップは)うれしいですよ。’愚形でもいいからリーチを打ちなさい’という作戦が良かったんじゃないですかね。本当にお待たせしました、チームとしては2勝目を飾れることができました。みなさんが応援してくれるから僕らもがんばれます。少しでも恩返しがしたいとみんな思ってます。応援の程、よろしくおねがいします」

と語った。

【Result】
1着 前原雄大麻雀格闘倶楽部 3万300点/+50.3
2着 茅森早香・フェニックス 2万9200点/+9.2
3着 黒沢咲・雷電 2万4800点/▲15.2
4着 堀慎吾サクラナイツ 1万5700点/▲44.3

【Total】
1位 KADOKAWAサクラナイツ +149.7(9/90)
2位 赤坂ドリブンズ +72.9(10/90)
3位 EX風林火山 +72.8(10/90)
4位 渋谷ABEMAS +52.3(10/90)
5位 セガサミーフェニックス ▲8.2(9/90)
6位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲77.8(9/90)
7位 U-NEXT Pirates ▲115.2(10/90)
8位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲146.5(9/90)

「大和証券Mリーグ2020 麻雀格闘倶楽部vsサクラナイツvsフェニックス」

10月20日の対戦はKONAMI麻雀格闘倶楽部vsKADOKAWAサクラナイツvsセガサミーフェニックスvsTEAM RAIDEN / 雷電

キャスト

KONAMI 麻雀格闘倶楽部
KADOKAWAサクラナイツ
セガサミーフェニックス
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:松嶋桃
解説:勝又健志
レポーター:松本圭世
大和証券Mリーグ2020 麻雀格闘倶楽部vsサクラナイツvsフェニックス

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!