佐々木寿人、会心の6000オール!! 総帥と2人で仲良く同日2連勝!!

佐々木寿人、

会心の6000オール!!

総帥と2人で仲良く

同日2連勝!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020」の開幕10日目、第2戦は佐々木寿人KONAMI麻雀格闘倶楽部)が、トップを獲得。開局からハネマンをアガって好位置につけた佐々木が、ラス親でホンイツ小三元のハネマンツモで一気にトップを決めた。1戦目の前原に続いて麻雀格闘倶楽部が同日2連勝。最下位から6位に浮上した。

第2戦の対局者は、KADOKAWAサクラナイツ内川幸太郎セガサミーフェニックス魚谷侑未TEAM雷電瀬戸熊直樹、そして佐々木の4名。

東2局、佐々木がタンヤオ・高めピンフ・ドラ1・赤2の大物手でリーチをかける。待ちは牌山には残り少なかったのだが、手詰まった内川が3枚使いのに手をかける。高めのピンフで12000点。佐々木が先行する展開。

しかしその佐々木、次局に瀬戸熊のリーチの現物を切るとこれが魚谷のロン牌。・ドラ1・赤1、5200点の放銃。簡単にはリードを許してもらえない。

親を迎えた佐々木、Wをポンして赤1のテンパイ。そこへ内川のリーチが襲いかかる。内川の一発ツモは…なし! 内川がツモ切ると、瀬戸熊からロンがかかる。タンヤオピンフ・ドラ1・赤1の8000点。今度は瀬戸熊がトップに立つ。

南1局、ドラはラス目の内川の親番。先制リーチは瀬戸熊から。イーペーコーのペン待ち。オリない内川はを2枚使ってソーズのホンイツで仕掛ける。…が、内川はテンパイを入れられず瀬戸熊の1人テンパイで、無念の親落ち。

南2局2本場。ここでようやく内川の片目が開く。自風のをアンコにしてドラ表示牌のカンをチー。ホンイツ一気通貫・ドラ1・赤1のハネマンをテンパイ。字牌の単騎待ちをくるくる変えているところに、瀬戸熊のリーチが入る。そして内川が直前に変えたを瀬戸熊が掴んでしまい、12000点の放銃。今度は魚谷がトップに立つ。

南3局は、魚谷が内川からリーチ・ピンフイーペーコーの3900点をアガってオーラスへ。

佐々木のリーチが流局で迎えた1本場。佐々木の手は大三元まで見える、マンズの一色手模様。をポンした佐々木はほどなくテンパイ。のシャンポン待ちの確定ハネマン。そして残りのはすべて牌山の中。佐々木、当然のようにをツモって6000オール! 一気に突き抜けたトップに立つ。

しかし、佐々木は攻撃の手を緩めない。リーチ・チートイツ・赤1の9600点を内川から徴収して、さらなる上を目指す。

3本場は内川がリーチ・ドラ2・ウラ1の8000点を魚谷からアガって試合終了。

前原に続いて佐々木が勝利し、麻雀格闘倶楽部が同日2連勝を成し遂げた。

佐々木はインタビューで、

「総帥(前原選手)が1戦目トビながらも逆転トップを取ってくれたので、非常にやりやすかったところもあるし、逆に言えばマイナスしちゃいけないなという思いもありました。これで絶対終わらないので、ここから巻き返してまずは±0を目指して、セミファイナルにいけるようにがんばります」

と語った。

【Result】
1着 佐々木寿人麻雀格闘倶楽部 5万8800点/+78.8
2着 魚谷侑未・フェニックス 1万9600点/▲0.4
3着 瀬戸熊直樹・雷電 1万5800点/▲24.2
4着 内川幸太郎サクラナイツ 5800点/▲54.2

【Total】
1位 KADOKAWAサクラナイツ +95.5(10/90)
2位 赤坂ドリブンズ +72.9(10/90)
3位 EX風林火山 +72.8(10/90)
4位 渋谷ABEMAS +52.3(10/90)
5位 セガサミーフェニックス ▲8.6(10/90)
6位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲67.7(10/90)
7位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲102.0(10/90)
8位 U-NEXT Pirates ▲115.2(10/90)

「大和証券Mリーグ2020 麻雀格闘倶楽部vsサクラナイツvsフェニックス」

10月20日の対戦はKONAMI麻雀格闘倶楽部vsKADOKAWAサクラナイツvsセガサミーフェニックスvsTEAM RAIDEN / 雷電

キャスト

KONAMI 麻雀格闘倶楽部
KADOKAWAサクラナイツ
セガサミーフェニックス
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:松嶋桃
解説:勝又健志
レポーター:松本圭世
大和証券Mリーグ2020 麻雀格闘倶楽部vsサクラナイツvsフェニックス

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!