なぁにが「大好き」よ! 私が大好きなのは三度の飯と打点だわ! 信念を貫いた黒沢咲の麻雀とは【Mリーグ2020観戦記11/24】担当記者:ZERO

なぁにが「大好き」よ!

私が大好きなのは三度の飯と打点だわ!

信念を貫いた黒沢咲の麻雀とは

文・ZERO【火曜担当ライター】2020年11月24日

私は、今年の観戦記から選手の容姿に対して「きれい」「美しい」「かわいい」という表現を極力控えるようにしてきた。
たとえ良い言葉であっても、他の選手がよく思わないかもしれないし、言われた本人も容姿じゃなくて麻雀を見てよと感じているかもしれない。

しかし今夜はその誓いを守れるかは自信がない。

11/24の1回戦は

公式のオーダプレートもピンクに染まる、女性卓になったのだ。

1回戦

東家 黒沢咲TEAM雷電

南家 高宮まりKONAMI麻雀格闘倶楽部

西家 日向藍子渋谷ABEMAS

北家 二階堂亜樹EX風林火山

解説の朝倉が「女性卓になると普段よりも押し寄りになる」と予言する。

さて、その予言は当たるのか。

東1局 卓に乗れていない日向

開局、2巡目に日向はここからを切った↓

これは見た目以上に速度ロスの大きな選択である。

を持つと、ツモという暗刻になる牌で手が進むだけでなく、をツモった時に差がつく。特にをツモった時の

この形を逃すのはもったいない。
はドラだが、タンヤオもドラも同じ1ハンなので、打で良いだろう。

よーいどんの一歩目で、卓に乗れていないように見えた。

その一方で、高宮は平常営業だ。

6巡目、スクショが追いつかないくらい高速でリーチ。
を切ってもろひっかけになるとか、が1枚切れているとか、そんなものは関係ない。

これが私のスタイルと言わんばかりに、表情からは自信が満ち溢れている。↓

美し…いや、ファイナルファンタジーに出てきそうな神秘的な出で立ちだ。

6巡遅れて日向も追いついた。

を切ってメンタンピンドラ1でリーチ!↓

これもかなり強気である。
上家の高宮の捨て牌を見てほしい。
たった今が通ったばかりなのだ。
つまり今から数巡は出現率高確率状態と言える。

いや、そもそもをチーしていない時点でかなり強気だと言える。

の時点では卓に乗れていなかったが、強引に戦う姿勢を見せてきた。

軍配は高宮に上がった。

リーチドラ1の2600を日向からロン。

こうして女性卓は静かに、しかし見えない火花を散らしながら開幕した。

東2局1本場 亜樹の攻め返し

流局を挟んだ1本場、黒沢のリーチに亜樹がド無筋のをプッシュした。↓

(なお、この牌画はMリーグオフィシャルサポーター限定の牌譜ビューワー。昨日の試合が次の日にはアップされるようになった。進む・戻る・自動再生・手配開閉・視点移動・局移動など、基本的な操作は完備されていて非常に便利である)

解説の朝倉も「今季の亜樹は強気の選択が多く、それがいい方に出ている」と語る。

は片無筋だが、次に出ていくをセットで考えると、かなり強気な選択である。

たしかに昨シーズンまでの亜樹なら雀頭のを落としていたであろう。

そしてを引いてテンパイし、を切ってリーチ!↓

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!