沢崎誠、乱打戦を制して驚異の7戦4勝!! 個人首位の勝又健志をロックオン!!

沢崎誠、乱打戦を制して

驚異の7戦4勝!!

個人首位の勝又健志を

ロックオン!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」の開幕26日目、第2戦は沢崎誠KADOKAWAサクラナイツ)が、トップを獲得。高打点が飛び交い、めまぐるしくトップが入れ替わる混戦となった第2試合。放銃ゼロで立ち回った沢崎が、個人2連勝で4勝目を勝ち取った。

第2戦の対局者は、EX風林火山二階堂瑠美セガサミーフェニックス茅森早香、U-NEXT Pirtaites・朝倉康心、そして沢崎の4名。

序盤は起家の朝倉が7700と8000を茅森と二階堂から仕留めてリードを築く。

しかし東3局、二階堂は朝倉の5巡目リーチを追いかけて、ピンフ・赤1・ウラ1の12000を朝倉から直撃して気炎を上げる。

その二階堂、茅森の親リーチに勝負手をぶつけにいって返り討ちに合う。ピンフ・ドラ2・赤1の12000点を献上。

その1本場、役無しのカン【6マン】待ちテンパイを壊して、ピンフタンヤオ・ドラ1・赤1のマンガンの【3ソウ】【6ソウ】待ちヤミテンに仕上げた沢崎が、二階堂から8000点をもぎ取ってトップ目に立つ。

沢崎以外の三者が振り込み合う中、沢崎のみが放銃することなく僅差ながらトップ目で進行する。

南3局1本場、朝倉が【5ソウ】とドラの【南】のシャンポン待ちでテンパイしているところに【6ソウ】をツモ。【4ソウ】【7ソウ】待ちに受けかえて【赤5ソウ】を切ると、沢崎のピンフタンヤオのダマに命中。3900を加点し、オーラスは茅森がノーテンで終了。沢崎が逃げ切って2連勝となった。

沢崎はインタビューで、

「Mリーグ2021公式ガイドブックが好評につき重版かかるということで、ファンの皆様ありがとうございます。僕の去年の成績は見ないでください(笑)。」

と語った。

【Result】
1着 沢崎誠サクラナイツ 3万4300点/+54.3
2着 二階堂瑠美・風林火山 2万5200点/+5.2
3着 茅森早香・フェニックス 2万2700点/▲17.3
4着 朝倉康心・パイレーツ 1万7800点/▲42.2

【Total】
1位 EX風林火山 +511.9(26/90)
2位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +254.9(26/90)
3位 赤坂ドリブンズ ▲19.8(26/90)
4位 渋谷ABEMAS ▲42.3(26/90)
5位 KADOKAWAサクラナイツ ▲54.8(26/90)
6位 U-NEXT Pirates ▲161.8(26/90)
7位 セガサミーフェニックス ▲184.3(26/90)
8位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲298.6(26/90)

大和証券 Mリーグ 風林火山vsサクラナイツvsフェニックスvsPirates

詳細情報
EX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsセガサミーフェニックスvsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
11月16日の対戦はEX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsセガサミーフェニックスvsU-NEXT Pirates

キャスト

EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
セガサミーフェニックス
U-NEXT Pirates
実況:松嶋桃
解説:佐々木寿人
レポーター:伊藤友里
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ 風林火山vsサクラナイツvsフェニックスvsPirates

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!