皆の明日を、想うから 貫く矜持 #萩原聖人 とMリーグ【Mリーグ2023-24観戦記 3/21】担当記者 #後藤哲冶

皆の明日を、想うから
貫く矜持
萩原聖人とMリーグ

文・後藤哲冶【木曜担当ライター】2024年3月21日

3月末。
敬虔なMリーグ信徒の皆さんならご存知の通り、この時期は各チームのファンの感情が入り乱れる季節。

レギュラーシーズン通過を目指す雷電とフェニックス。
だがその道のりは、かなり厳しいものとなってしまった。

この日の第1試合
雷電本田が起死回生の役満テンパイを入れるものの、実らず。
その夢は潰え、そして同時に、魚谷が届きかけたトップも泡と消えてしまった。

フェニックス魚谷はインタビューで極めて気丈に、「連投行きます」と宣言。
第2試合もエースが戦いの舞台に立つ。

雷電は本田からのバトンを受けて萩原が登板。
いつも通り、胸に拳を押し当てて。
想いを背負った男が、北家の席へと向かった。

3月21日 第2試合

東家 菅原千瑛 (BEAST Japanext
南家 魚谷侑未 (セガサミーフェニックス
西家 園田賢  (赤坂ドリブンズ
北家 萩原聖人 (TEAM雷電

東1局

萩原は自風の【北】が暗刻のイーシャンテン。
持ってきた【2ピン】は現状いらない牌だが、下家に座っている親の菅原がピンズ染め模様。
まだピンズや字牌が余っておらず、いきなりロンとは言われ無さそうだが、チーはされる牌だ。
一旦【8マン】を切って【2ピン】をリーチ宣言牌にする選択肢もあるが。

ここは強く【2ピン】を押した。
次手出しが入った後に切るこの【2ピン】が、チーで済む保証はない。
手牌価値もあるこの手なら、先に勝負。

【1ピン】も強く押した後に、引き入れた【6ピン】
これで【6ソウ】【9ソウ】待ちのリーチへ。ドラの【9ソウ】をツモれば、満貫からのリーチだ。

ここに追い付いたのが、園田だった。【4ソウ】を引き入れてのリャンメン待ちであれば勝負に値すると見て、迷いなく追っかけリーチ。
開局からぶつかったリーチ合戦の結果は。

園田が一発で制する。
リーチのみの手が、一発ツモと裏ドラ1枚で満貫に化けた。2000、4000のツモアガリ。

東2局も、園田が魅せる。

テンパイだが、待ちは特別場況が良いわけでもないカン【4マン】で、しかもリーチのみ。
前局は待ちが優秀なこともあって追っかけリーチを敢行したが、今度は待ちが悪い。
これでは一旦取ってダマが関の山かと思われたが……。

なんとこれをリーチ宣言。
親が後の無いフェニックス魚谷ということを考えても、いやそうでなくとも。このリーチは些か攻撃的すぎるようにすら感じてしまう。
だからこそ、この選択には理由がある。

園田は、この時、親番の魚谷の手出しをつぶさに観察していた。
【2マン】【5ソウ】の切り順の後、1枚切れになった字牌【發】を合わせた。
ピンズに染めようとしていそうな河の魚谷が、【中】をポンして打【5マン】
園田はこの【5マン】を、ピンズの染め手に行けなかった時用の保険ターツだと読み切った。
保険としてカンチャンターツも出てきにくいことを考えれば、【4マン】【5マン】【6マン】のどれかが、確実に魚谷の手に残っている。
その3分の1で魚谷の親を落とせるのであれば、悪くない賭けだと踏み切ったのだ。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀新刊&おすすめ/