多井隆晴、最速で今季2勝目獲得!! 4連続和了を決めて 渋谷ABEMAS 早くも240ポイントオーバー!!【Mリーグ2022-23 / レギュラーシーズン 】

多井隆晴、

最速で今季2勝目獲得!!

4連続和了で、ABEMAS

早くも240ポイント超え!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」の8日目、第1戦は多井隆晴渋谷ABEMAS)が、トップを獲得。東場大きく連荘することに成功した多井が、個人2連勝。例年、スタートで快勝とはいかなかった多井だが、今季は最速で個人2勝目をつかんだ。

第1戦の対局者は、赤坂ドリブンズ鈴木たろうKONAMI麻雀格闘倶楽部高宮まりセガサミーフェニックス近藤誠一、そして多井の4名。

東1局、多井が切ったドラの【2ソウ】を切るとペン【7ソウ】を鳴いている高宮が手牌を開く。イッツー・ドラ1・赤1の5800点。多井、失点からの開局となる。

東3局に早いテンパイで5200点を鈴木から討ち取って、多井が親をむかえた東4局。

ダブ【東】を鳴いての赤1を、リーチの近藤から召し捕って5800点。1本場ではさらに近藤から、ホンイツ・ドラ2・赤1の12000点を徴収。

2本場には赤2の手をリーチ・ツモ。さらに4000オールを加点して試合を決めた。

オーラスは、鈴木が食いタンヤオ・ドラ2・赤1の2000・4000をツモアガリ。高宮をかわして2着に浮上してゲームセット。多井が個人2連勝、最速で2勝目を獲得した。

多井はインタビューで、

「(個人2勝目一番乗りについて)らしくないですね、いつも2着が3回位の人だからね(笑)。今日はびっくりしました、手牌が(良くて)。このままチームの勢いを失くさないように、最後まで集中して打ちたいと思います」

と語った。

【Result】
1着 多井隆晴・ABEMAS 4万6000点/+66.0
2着 鈴木たろう・ドリブンズ 3万1700点/+11.7
3着 高宮まり麻雀格闘倶楽部 2万6200点/▲13.8
4着 近藤誠一・フェニックス ▲3900点/▲63.9

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +240.2(7/94)
2位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +164.4(7/94)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +134.4(8/94)
4位 TEAM RAIDEN / 雷電 +23.1(8/94)
5位 赤坂ドリブンズ ▲92.8(7/94)
6位 セガサミーフェニックス ▲105.0(7/94)
7位 EX風林火山 ▲174.3(8/94)
8位 U-NEXT Pirates ▲190.0(8/94)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs麻雀格闘倶楽部vsABEMASvsフェニックス 

詳細情報
赤坂ドリブンズvsKONAMI麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックス

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」。Mリーグ2022-23の戦いはここからはじまる!!新Mリーガー3名を加え、全チーム4名体制、32名でのシーズンとなる。全8チームで各94試合レギュラーシーズンを行い、セミファイナルシリーズではレギュラーシーズン上位6チームで各20試合を実施、ファイナルシリーズはセミファイナルより上位4チームに絞られ、各16試合実施し優勝チームが決定する。2022-23シーズンでは赤坂ドリブンズEX風林火山TEAM雷電がチーム体制変更レギュレーション対象と対象となり、ファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替え、または追加によってチーム編成を変更しなければならない。

キャスト

赤坂ドリブンズ
KONAMI麻雀格闘倶楽部
渋谷ABEMAS
セガサミーフェニックス
実況:松嶋桃
解説:松ヶ瀬隆弥
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs麻雀格闘倶楽部vsABEMASvsフェニックス

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 『追憶のM』第3巻が12月1日に発売!