白鳥翔、開局に大量リードを築いて完勝!! 圧巻の翔タイムで ABEMAS同日2連勝!!【Mリーグ2022-23 / レギュラーシーズン 】

白鳥翔、開局に

大量リードを築いて完勝!!

圧巻の翔タイムで

ABEMAS同日2連勝!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」の7日目、第2戦は白鳥翔渋谷ABEMAS)が、トップを獲得。ドラに恵まれた白鳥が、東場の親で大量得点を稼ぐ。以降ヤミテンを駆使し、下々の争いを見下ろして逃げ切りトップ。ABEMASが同日2連勝で大きくポイントを伸ばした。

第2戦の対局者は、赤坂ドリブンズ園田賢KONAMI麻雀格闘倶楽部伊達朱里紗セガサミーフェニックス茅森早香、そして白鳥の4名。

東1局1本場、【中】ポンからの3フーロの白鳥、茅森が切った【北】にロンをかける。ドラ【8ピン】がアンコの単騎待ち。白鳥、まずは12000点をゲット。

ノミ手で親を繋いだ3本場、今度は【白】とドラの【2マン】アンコ・赤1のマンガンをふたたび茅森から討ち取り。茅森はなんと東1局でハコ下に陥落。

白鳥はその後も2000・4000のツモアガリ、南場の親ではリーチの茅森からタンヤオホウテイトイトイの12000点を召し上げ、7万点オーバーに。

ラス親の茅森は、早い仕掛けで3着を狙う園田から、リーチ・チートイツ・ドラ2・赤1・ウラ2の24000点を直撃し、ハコ上の3着に浮上する。が、次局はノーテン流局で親が落ちて試合終了。全19局の長丁場を、白鳥が今季初勝利で締めくくった。

白鳥はインタビューで、

「めっちゃうれしいですね〜。麻雀何が起こるかわからないんで、24000とか出たり。ああいうことがあるんで、点数を持った後の進行が消極的になって守備気味に打つんですけど、みなさんに伝わればいいなと思いました」

と語った。

【Result】
1着 白鳥翔渋谷ABEMAS 7万7200点/+97.2
2着 伊達朱里紗麻雀格闘倶楽部 2万9800点/+9.8
3着 茅森早香・フェニックス 1万5700点/▲24.3
4着 園田賢・ドリブンズ ▲2万2700点/▲82.7

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +337.4(8/94)
2位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +174.2(8/94)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +134.4(8/94)
4位 TEAM RAIDEN / 雷電 +23.1(8/94)
5位 セガサミーフェニックス ▲129.3(8/94)
6位 EX風林火山 ▲174.3(8/94)
7位 赤坂ドリブンズ ▲175.5(8/94)
8位 U-NEXT Pirates ▲190.0(8/94)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs麻雀格闘倶楽部vsABEMASvsフェニックス 

詳細情報
赤坂ドリブンズvsKONAMI麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックス

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」。Mリーグ2022-23の戦いはここからはじまる!!新Mリーガー3名を加え、全チーム4名体制、32名でのシーズンとなる。全8チームで各94試合レギュラーシーズンを行い、セミファイナルシリーズではレギュラーシーズン上位6チームで各20試合を実施、ファイナルシリーズはセミファイナルより上位4チームに絞られ、各16試合実施し優勝チームが決定する。2022-23シーズンでは赤坂ドリブンズEX風林火山TEAM雷電がチーム体制変更レギュレーション対象と対象となり、ファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替え、または追加によってチーム編成を変更しなければならない。

キャスト

赤坂ドリブンズ
KONAMI麻雀格闘倶楽部
渋谷ABEMAS
セガサミーフェニックス
実況:松嶋桃
解説:松ヶ瀬隆弥
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs麻雀格闘倶楽部vsABEMASvsフェニックス

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 『追憶のM』第3巻が12月1日に発売!