白鳥翔の翔タイム!!小金持ち打法で大躍進!! 金髪効果でABEMAS 3位浮上!!

白鳥翔の翔タイム!!
小金持ち打法で大躍進!!
金髪効果でABEMAS 3位浮上!!

12月18日に行われたプロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」。
2回戦は、渋谷ABEMAS白鳥翔(日本プロ麻雀連盟)がトップを獲得。渋谷ABEMASはチーム15勝目。総合3位に浮上した。

対局者は、
赤坂ドリブンズ園田賢(最高位戦日本プロ麻雀協会)、
TEAM雷電瀬戸熊直樹(日本プロ麻雀連盟)、
EX風林火山滝沢和典(日本プロ麻雀連盟)、
そして白鳥。

並びは、滝沢・園田・瀬戸熊・白鳥。

瀬戸熊がやや沈み、他3者はセリで迎えた東4局。白鳥がを赤含みで叩いて、5巡目にドラ雀頭の待ちでテンパイ。これを瀬戸熊から討ち取って12000点を加点し、白鳥が頭一つ抜ける。

しかし南2局、園田が白鳥を猛追。
リーチ・一発・ピンフ一気通貫・赤1・ウラ1の18000を瀬戸熊から討ち取る。

同1本場、さらに園田がリーチ・一発・チートイツをまたも瀬戸熊から討ち取り、園田が逆転トップに立つ。

しかし同3本場、白鳥がドラのをアンカンして、待ちリーチで再逆転を狙う。
安全牌に窮した滝沢から12000点を討ち取って、トップに返り咲いてそのまま逃げ切った。

白鳥は勝利者インタビューで「チームとしてギリギリのところで、(1戦目)松本くんが2着取ってくれてからの2戦目だったので、どうしてもトップを取りたいと思ってました。いろんなMリーグ選手の麻雀を見てきた結果がでました。(チーム3位浮上について)マジうれしい!」と語った。

参照

【Result】
1着 渋谷Abemas・白鳥翔(日本プロ麻雀連盟)5万8500点/+78.5
2着 赤坂ドリブンズ園田賢(最高位戦日本プロ麻雀協会)5万2400点/+32.4
3着 EX風林火山滝沢和典(日本プロ麻雀連盟)1万500点/▲29.5
4着 TEAM雷電瀬戸熊直樹(日本プロ麻雀連盟)▲2万1400点/▲81.4

【Total】
1位 EX風林火山 +209.8(52/80)
2位 赤坂ドリブンズ +191.6(54/80)
3位 渋谷ABEMAS ▲0.9(54/80)
4位 TEAM雷電 ▲54.7(54/80)
5位 U-NEXT Pirates ▲58.9(52/80)
6位 セガサミーフェニックス ▲104.6(48/80)
7位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲182.3(54/80)

◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。

(C)AbemaTV

大和証券Mリーグ ドリブンズvs風林火山vsABEMASvs雷電

近代麻雀戦術シリーズ新刊情報

「麻雀強者の0秒思考」

著:ZERO

好評発売中!!!!

Amazonはこちら→「麻雀強者の0秒思考」

この記事のタイトルとURLをコピーする

ツイッターでも毎日情報を発信中!