多井隆晴、あわや国士無双!! 連勝で3位浮上、個人首位に!!

多井隆晴、
あわや国士無双!!
連勝で3位浮上、個人首位に!!

2月5日に行われたプロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」。
2回戦は、渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)が絶好調で本日2連勝。
多井は9勝目で、8連対という記録を打ち立てて、個人首位に。チームは3位に浮上し、3〜6位は大混戦となった。

対局者は、
EX風林火山・勝又健志(日本プロ麻雀連盟)、
U-NEXT Pirates・小林剛(麻将連合)、
TEAM雷電・黒沢咲(日本プロ麻雀連盟)、
そして多井。

並びは、黒沢・多井・勝又・小林。

東1局、黒沢の親リーチに多井が追いかけリーチを敢行、その一発目。
チンイツをテンパイしていた小林が、黒沢に放銃。
赤1の7700をアガって、黒沢が先行する。

しかし東2局、多井が親番でリーチ・一発・ツモ・タンヤオピンフイーペーコー・赤1の6000オールをアガって一気にトップ目に立ち、絶好調を伺わせる。

南2局1本場には、多井は親番で国士無双待ちをテンパイ!
しかし、この局は黒沢がタンヤオチートイツ・ドラ2をツモって、多井にハネマンを親かぶりさせるが、焼け石に水で多井が逃げ切りトップで本日連勝となった。

多井は勝利者インタビューで、
「いろいろ背負いながら打つっていうのは、団体の代表なので慣れてますが、残り試合が少ないので、自分はこういうときに狙われるとか、あの人はこう狙ってくるだろうなっていうような、研究の成果が出た気がします。」
と語った。

【参考】


▲アガれば10万点超え!という多井の国士無双は成就せず…

【Result】
1着 渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)5万5200点/+75.2
2着 TEAM雷電・黒沢咲(日本プロ麻雀連盟)2万8300点/+8.3
3着 EX風林火山・勝又健志(日本プロ麻雀連盟)1万8000点/▲22.0
4着 U-NEXT Pirates・小林剛(RMU)▲1500点/▲61.5

【Total】
1位 EX風林火山 +218.6(76/80)
2位 赤坂ドリブンズ +204.9(76/80)
3位 渋谷ABEMAS ▲55.4(74/80)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲40.5(76/80)
5位 U-NEXT Pirates ▲66.9(76/80)
6位 セガサミーフェニックス ▲102.7(76/80)
7位 TEAM雷電 ▲268.8(76/80)

◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。

(C)AbemaTV

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vs麻雀格闘倶楽部vsPirates

近代麻雀戦術シリーズ新刊情報

「麻雀強者の0秒思考」

著:ZERO

好評発売中!!!!

Amazonはこちら→「麻雀強者の0秒思考」

この記事のタイトルとURLをコピーする