どうか忘れないでほしい 苦境のさなか、戦い抜いた男がいたことを【Mリーグ2021観戦記3/8】担当記者:ZERO/沖中祐也

どうか忘れないでほしい

苦境のさなか、

戦い抜いた男がいたことを

文・ZERO/沖中祐也【火曜担当ライター】2022年3月8日

【第1試合】

東家:村上淳赤坂ドリブンズ
南家:滝沢和典KONAMI麻雀格闘倶楽部
西家:茅森早香セガサミーフェニックス
北家:瀬戸熊直樹TEAM RAIDEN / 雷電)

半年間に渡って繰り広げられていたレギュラーシーズンの戦いも、いよいよ最終週となった。

半年前というとつい最近のように感じるが、半年も経てばいろんなことが変わる。

個人的なことを言うと、サウナやバドミントンにハマり、そして麻雀プロになった。

そしてMリーグでも多くのドラマを経て…

かつて例をみないチームランキングを形成した。

下位2チームが突き放され、上位6チームが団子状態でひしめく群雄割拠状態。

焦点はセミファイナルへの位置取りとMVP争いに絞られる。

いや、まだ諦めるのには早い!

「今日2戦で150ptくらい稼いで、木曜(最終日)50000点差のトップラス2回のイメージ」

奇跡を信じるファンのためにも、現実的な青写真を描き、村上は卓についた。

東一局、親で始まった村上は…。

ここから【1マン】を切った。

形だけ見ると【9マン】を切りたくなる。

【8マン】が1枚切れているのでなおさらだ。
村上は【7マン】【9マン】という形を残しておくことで自然にドラ【6マン】を吸収できるように構えたのだろう。

すぐに【9マン】が重なり、盤石な形になった村上がツモってきたのは…

なんとも悩ましい【赤5ソウ】

この赤の他に1枚でもドラがあるのであれば、【赤5ソウ】ツモ切りで問題ない手牌だ。

しかし現実はドラがないので赤を切ってはあまりに安くなる。

【9マン】のトイツを落とし、赤を使い切る選択肢も十分にある。

【4ピン】【7ピン】が4枚見えているのでタンヤオ仕掛けができるのも大きい。

しかし村上が選んだのは

【赤5ソウ】と打【9マン】の間をつく打【2ソウ】だった。

同巡、瀬戸熊の手牌。

テンパイだが1枚切れのカン【2ソウ】
瀬戸熊は逡巡した後に、【8ソウ】を切ってリーチした。

意外だ。

【6ソウ】【9ソウ】が3枚見えているし、カンチャン業界でもエリートである28待ちなのでリーチするのがマジョリティだとは思うが、瀬戸熊はテンパイをとってダマテンに構えるイメージ

だった。

4年間の戦いを経て、感じることがあったのだろうか。

先週瀬戸熊をメインで書いた記事が、多くの方に読んでもらえた。

ユニバースは忘れない 最高の笑顔で過ごせた火曜日の夜を【Mリーグ2021観戦記3/1】担当記者:ZERO/沖中祐也

 

瀬戸熊のことが、あるいは雷電のことが好きで好きでたまらないユニバースの人たちは、どれだけ選手が苦境に立たされようとも、たった1勝しただけでこんなに喜んでくれるのかと驚く。

瀬戸熊の麻雀打っている姿はなんでこんなにかっこいいのだろう。

独自の調査によると、その理由が2つあることがわかった。

1・姿勢がいい

瀬戸熊は学生時代に剣道をやっていたからか、常に背筋を伸ばし、真正面で牌を捉えている。
どうしても猫背になりがちな現代人の中において、凛として戦う姿は一際輝いて見える。

2・牌しか見ない

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!