運命をねじ曲げろ!Pirates・瑞原明奈に立ちはだかる壁【熱論!Mリーグ/FS2日目】担当記者:ZERO

熱論Mリーグ【FS2日目】

運命をねじ曲げろ!

Pirates・瑞原明奈に

立ちはだかる壁

文・ZERO【火曜担当ライター】2020年6月16日

 

運命が変わった。

と言っていいと思う。

新生ウイルスの猛威により、人々の生活模様は一変。

表情はマスクに殺され、人が人を疑うようになり、世界は闇に包まれた。

そして、Mリーグのファイナルも延期。

サポーターの、燃え上がってきた炎が消えてしまったかのようだ。

選手たちも、これまでと違う環境に戸惑っただろう。
これからどうなるかという不安を前に、麻雀に打ち込む余裕のなかった選手も多いかもしれない。

ブランクを乗り越え、これまで通りの勝負勘で打てるチームが勝ちやすいと推測する。

いずれにせよ世界線は変わった。

優勝チームも本来とは変わっているだろう。

いや、本来というものなんてないのかもしれない。

もともと運命とは変わっていくものだ。

条件はみな同じ。

約束された未来なんて、ない。

この日の1戦目、勇ましい表情で瑞原明奈が登場した。

瑞原の所属するU-NEXT Piratesは、コロナの波をうまく乗り切ったチームと言える。

ファイナルの延期が発表された直後に、4人はオンライン麻雀「天鳳」を使って練習していた。

この瑞原に関しても、4人の練習とは別に「天鳳」の最上位卓に何度も現れた。

私も何回か同卓した記憶がある。

調べてみたら

この自粛中に、かなりの頻度で打っていることがわかった。

「天鳳」はシステムが大きく違うものの、Mリーグと同じ赤入り麻雀がメイン。

感覚を維持するために日々麻雀に触れていたのだと思う。

そんな瑞原の親番で、この日の戦いは始まった。

1戦目

東家 瑞原明奈U-NEXT Pirates

南家 近藤誠一セガサミーフェニックス

西家 内川幸太郎サクラナイツ

北家 日向藍子渋谷ABEMAS

をツモってこの形。瑞原は間髪入れずにドラのを場に放つ。

この形はツモピンフだけではなく、ツモで高め三色になる、非常に強い形だ。

それにしても、これだけ素早く堂々とドラの役牌を切れるのは、練習のたまものだと思う。麻雀勘は全く衰えていない。

周りもこのドラ切りに大きなプレッシャーを感じたはずだ。

そんな瑞原の気迫に呼応するかのように

すぐにテンパイが入る!

を切るとピンフイーペーコーが確定するが、を切ると高め三色になる。

瑞原の選択は…

リーチ。

たしかには狙い目なのだが、マンガン確定の方が偉いだろう。

そして何より、を切るのとを切るのとで、河の強さが違う。

をカンでチーされるだけで、もうやっちゃった感が出てしまうとも言える。

  • Twitterで”毎日”麻雀情報を発信中!