佳境を迎えるMリーグ…滝沢和典ですら豹変する選手たちが背負う重圧の正体【熱論!Mリーグ】担当記者:東川亮

熱論!Mリーグ【Thu】

佳境を迎えるMリーグ…

滝沢和典ですら豹変する

選手たちが背負う重圧の正体

文・東川亮【木曜担当ライター】2020年1月30日

「大和証券Mリーグ」、1/30の1戦目を制したのは、セガサミーフェニックス近藤誠一だった。

南3局鈴木たろうとのめくり合いを制すると、

南4局ではトップ目の親で積極的な加カン、5800の打点を12000に引き上げてツモアガり、勝負を決めた。

その近藤が、インタビューで非常に印象深いことを言っていた。

「勝っているのに何で?って言われそうですけど、日に日に緊張がどんどん増幅していくんですよ。今もう、もはやフラフラで。もともと1試合打っただけでも集中しているんでフラフラになるんですけど、どういうわけか、その度合いがどんどん増していくんですよ。なんかもう、震え始めている感じです。ちょっと理解不能かもしれないですけど・・・なんかこう、怖い感じです」

チームは2位を200pt以上引き離しての首位、個人としては18戦ラスなしでスコアは400ptオーバー、傍目からは何の問題も無いように見える。

そんな近藤が発した言葉だからこそ、重い。

レギュラーシーズンが終盤戦に差し掛かっていくにつれ、Mリーグの舞台で戦う選手たちにのしかかる重圧は、視聴者でしかない我々には計り知れないものがあるのだろう。

2戦目

東家:村上淳赤坂ドリブンズ

南家:茅森早香セガサミーフェニックス

西家:滝沢和典EX風林火山

北家:朝倉康心U-NEXT Pirates

東2局、親の茅森が捨て牌3段目で確定一気通貫・カン待ちの先制リーチ。

一方で、手牌をマンズのホンイツにしていた村上も、急所のペンを引き入れてホンイツ・高目一気通貫のテンパイ。

しかしと切りきれないマンズを引き、まわりながらのテンパイが精いっぱいとなった。

最終手番、滝沢の牌姿。

を切ればテンパイだが、これは村上が打ち切れなかった牌である。

また、滝沢の目から見れば、マンズのホンイツである村上にも危ない牌だ。

最終手番での放銃はホウテイの一翻がつくため、決して安くはない失点をすることになる。

危険は百も承知。

それでも滝沢は静かに、を河に置いた。

思えば、2戦目に臨んだ4者の中でも、滝沢は特に苦しい状況にあったかもしれない。

チームは昨年末から不振に陥り、現在チームはセミファイナル進出ボーダーを下回る7位。

8位のドリブンズはここ数戦で連勝し、急激にポイントを戻している。

そして自身は、この日の初戦、配牌やツモなどの巡り合わせに翻弄されたにせよ、4着に沈んでいた。

目先の得点、そして勝利への執着。

この一打は、窮地にあるチーム状況を鑑みた、この試合にかける並々ならぬ思いの表れと言えよう。

 

ただ、どんなに強い思いを持っていても、それに牌がついてくるわけではないのが麻雀というゲームだ。

いったんはトップ目に立った滝沢だったが、茅森、朝倉のツモアガリなどでジリジリと点棒を削られ、南3局の親番を迎えたときには3着目まで順位を落としていた。

ここで加点できなければ、いよいよ自身もチームも窮地に陥る。

 

2巡目、滝沢はをポン。

ソーズのカンチャンターツからを払い、マンズのホンイツに向かう。

直後にもポン。

さらにまでも鳴いた。

Mリーグを、そして滝沢の麻雀を長く見ている人なら誰しも驚いたであろう、序盤での3フーロ。

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!