園田賢、逃げ切りトップで8勝目!! フェニックス・魚谷侑未、痛恨の逆転4着!!【Mリーグ2023-24 / レギュラーシーズン 】

園田賢、悠々の

トップで8勝目!!

フェニックス・魚谷侑未、

痛恨の逆転4着!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2023-24」の103日目、第2戦は園田賢赤坂ドリブンズ)が、トップを獲得。開局に萩原のリーチに勝負をかけて一発ツモを決めた園田が快勝。以降、雷電・萩原、BEAST・菅原、フェニックス・魚谷の並びとなった。

第2戦の対局者は、セガサミーフェニックス魚谷侑未TEAM RAIDEN / 雷電・萩原聖人BEAST Japanext菅原千瑛、そして園田の4名。

東1局、北家・萩原の先制リーチに追いついて、追い越した園田がツモアガリ。一発・ウラ1の2000・4000で先制打を放つ。

次局も園田が魚谷からリーチ・ウラ1の2600点をアガって、以降はトップ目を譲らず悠々ゴールイン。

熾烈なボーダー争いを演じる他3チーム、オーラス1本場にBEAST・菅原が6巡目にリーチ。同巡テンパイの魚谷のリーチ宣言牌でロン。一発・ドラ1・供託リーチ棒1本の直撃で、菅原が魚谷を100点かわして3着に浮上して試合終了となった。

園田はインタビューで、

「最初浅見さんがラスだったんで、トップとれればいいなぁとちらっと思ってたんですけど、やっぱり僕もMリーグを楽しむ、選手でありながら楽しむ立場でもあるわけなので、そういう視点で見ると今日はドリブンズ、なんて空気なんだっていう感じですね。他のチームの方が主役なんで今日も史上初のトップなのにインタビューなしとかやっていい感じかなと思ったんですけど、さすがに(それは)なかったですね(笑)

と語った。

【Result】
1着 園田賢・ドリブンズ 3万4700点/+54.7
2着 萩原聖人・雷電 2万7200点/+7.2
3着 菅原千瑛・BEAST 1万9100点/▲20.9
4着 魚谷侑未・フェニックス 1万9000点/▲41.0

【Total】
1位 U-NEXT Pirates +594.8(90/96)
2位 赤坂ドリブンズ +380.9(92/96)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +274.9(90/96)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +92.8(90/96)
5位 渋谷ABEMAS +56.2(92/96)
6位 EX風林火山 ▲153.2(92/96)
7位 BEAST Japanext ▲254.4(92/96)
8位 TEAM RAIDEN / 雷電 ▲440.2(94/96)
9位 セガサミーフェニックス ▲551.8(92/96)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvsフェニックスvs雷電vsBEAST

3月21日(木) 19:00 〜 3月22日(金) 00:00

詳細情報
赤坂ドリブンズvsセガサミーフェニックスvsTEAM RAIDEN / 雷電vsBEAST Japanext

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」Mリーグ2023-24の戦いはここからはじまる
今期より新チーム「BEAST Japanext(ビーストジャパネクスト)」を加えた9チーム、新Mリーガー7名の誕生、計36名でのシーズンとなる。
2023-24シーズンでは新レギュレーションが適用され、KADOKAWAサクラナイツU-NEXT Piratesがチーム体制変更レギュレーション対象となり、
セミファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替えによってチーム編成を変更しなければならない。
賞金5000万円と優勝シャーレの栄光を手にするチームはどこだ?!

キャスト

赤坂ドリブンズ
セガサミーフェニックス
TEAM RAIDEN / 雷電
BEAST Japanext
実況:日吉辰哉
解説:石橋伸洋
レポーター:襟川麻衣子
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ドリブンズvsフェニックスvs雷電vsBEAST

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀新刊&おすすめ/