朝倉康心、胸を張れっ…! 手痛く負けた時こそ…胸をっ…!【Mリーグ2021観戦記11/16】担当記者:江嵜晋之介

朝倉康心
胸を張れっ…!
手痛く
負けた時こそ…
胸をっ…!

文・江嵜晋之介【火曜担当ライター】2021年11月16日

Mリーグ2021シーズンも早いもので、レギュラーシーズンの3割弱を消化。11月も下旬に差し掛かり中盤戦が迫ってきている。

「まだ序盤だから」と様々なところで言われ続けていたが、気づけばチームポイントに大きく差ができている。


1位は言わずもがなEX風林火山
個人成績首位の勝又を筆頭に、2位のKONAMIにダブルスコアをつけている。

そして徐々に目立ってきたのが下位のチーム。
序盤こそ混戦だったものの、気がつくと7位と6位の差が広がりつつある。
そして第2回戦U-NEXT Piratesの登板を任されたのは朝倉康心だった。

1回戦は石橋が悔しい3着となり、ここは悪いリズムを止めたいところ。トップを勝ち取って今日のチーム収支をプラスで終えることができるか。

第2回戦
東家:朝倉康心(U-NEXT Pirates)
南家:沢崎誠(KADOKAWAサクラナイツ)
西家:二階堂瑠美(EX風林火山)
北家:茅森早香(セガサミーフェニックス)

序盤、リードしたのは朝倉だった。
東1局、親番ではリーチ三色の7,700点を出アガり。

東2局1本場では、2着目の瑠美からリーチ一発【中】裏ドラの8,000点を出アガる。


そして東3局では、バラバラだった手牌に連続で有効牌を引き入れ、七対子ドラドラ【北】単騎のテンパイを入れ先制リーチをかける。


誰からでも出そうな【北】
打点も待ちも申し分なく、北家の茅森が1枚持っていてすぐ放たれそう…! さらにリードを広げるかに思われた。

しかし、ここから状況は一変する。


リーチを受けて一発目の沢崎の手牌。
沢崎はここから…

【2マン】を切った!!
この手牌で一発目に【2マン】を切る人がどのくらいいるのだろうか?
現物はないにしろ、自身の手牌が全然整っていないところから筋の【9ソウ】辺りを頼りたいところ。
しかし沢崎は、【2マン】を選択。【2マン】が通れば中筋になった【5マン】も通しやすくなり、手牌がうまく育てば789の三色まだ見えるため、ここは強気の選択をする。


親の瑠美の手牌。こちらもなかなか厳しい形だが、一発目無筋の【7ピン】を勝負!
沢崎に続き親の瑠美も無筋を連打。朝倉のリーチに対して強気な攻めを見せる。

2人の攻めにより、アンパイが増えた茅森は引き気味に構えることになり、結果的に朝倉の当たり牌である【北】が出ない形になってしまった。


そして親の瑠美が両面待ちで追いつきリーチ。
朝倉が当たり牌を掴んでしまう。

トップ目だった朝倉の12,000点放銃により瑠美が持ち点を回復させる。

東4局
ここでまた沢崎が面白い選択を見せる。
6巡目に役無しカン【6マン】待ちにしていたところで8巡目に【4ソウ】ツモ。


沢崎はここでテンパイを崩す打【7マン】を選択。


こうすることで、ソーズは3から9、マンズは1から6までどれを引いても好形テンパイをとることができる。
(【6マン】引きは一旦裏目になるが、【1マン】【4マン】【7マン】待ちでリーチを打つのも悪くない)

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!