セガサミーフェニックス茅森早香 飄々と役牌を見送る表情の奥に秘められた想い【Mリーグ2020観戦記10/8】担当記者:ゆうせー

セガサミーフェニックス

茅森早香 

飄々と役牌を見送る表情の

奥に秘められた想い

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2020年10月8日

2020年、6月23日。

手を伸ばせば届きそうだった優勝シャーレを横目で見送ったあの日から、はや四か月。

セガサミーフェニックスの2020Mリーグが始まった。

10月6日(火)第1戦。初陣を切ったのは近藤誠一

厳しい展開が続くなか、

オーラスに起死回生のリーチ一発赤、8000点のアガリでラス回避を決める。

今年も『守護神健在』をアピールする格好となった。

10月6日(火)2戦目には、

和久津晶が登場。

いきなりタンヤオ赤3ドラドラという派手な3000-6000を炸裂させる。その後和久津は、鈴木たろうのアガリラッシュに耐えながら2着をキープした。

そして、本日10月8日(木)1戦目を託されたのは、

「天才すぎるオンナ雀士」茅森早香

1戦目

東家 茅森早香(セガサミーフェニックス)

南家 滝沢和典(EX風林火山)

西家 前原雄大(KONAMI麻雀格闘俱楽部)

北家 園田賢(赤坂ドリブンズ)

実況 日吉辰哉 解説 小林剛

東1局は、

滝沢の赤ドラドラ、2000-4000のツモアガリ。

続く東2局

9巡目、茅森は、

を引き入れてイーシャンテンに。茅森が選んだのは、

だった。こうしておくと、のポンにも対応できるうえ、

このようにドラ引きでリーチが打てる!しかも待ちのは、前巡に並べたのスジ。

門前でリーチを打つときの待ちの質と、仕掛けの可能性を両方追った、納得の一打だ。

茅森の武器は、構想力を活かした門前手組によるリーチだ。周りに圧力を与えつつ高打点を狙う。

茅森のリーチによって、

比較的良い手であった園田の手は、

わずかな面影を残し、崩れてしまった。

また、

切ればテンパイだった、滝沢のドラは「リーチ」の声によって手に押しとどめられることになる。

他家をまわらせつつ、茅森がたどり着いた先は、

「ツモ」

最終手番でのツモアガリだった!リーチツモドラ、1000-2000を加点してトップにいる滝沢を追う。

東3局

ここは園田が今シーズン初の魔法を唱える。

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!