Mリーグ名勝負数え歌認定!“多井隆晴vs鈴木たろう”執念のめくりあい【Mリーグ2020観戦記10/12】担当記者:山﨑和也

Mリーグ名勝負数え歌認定!

“多井隆晴vs鈴木たろう”

執念のめくりあい

文・山﨑和也【月曜担当ライター】2020年10月12日

将棋界では最高峰のタイトル戦である竜王戦が開幕している。豊島将之竜王対羽生善治九段という注目の対決だ。第1局は大乱戦を豊島竜王が制す。濃密な将棋であった。そこで思ったのだが、ハイレベル同士が競り合う姿は、どの競技であれ心が動かされる。

2戦目の顔触れはこちら。4人ともMリーグファンならおなじみの個性の強い打ち手が揃った。

第2試合

東家:多井隆晴渋谷ABEMAS

南家:和久津晶セガサミーフェニックス

西家:高宮まりKONAMI麻雀格闘倶楽部

北家:鈴木たろう赤坂ドリブンズ

東1局を見ていこう。

まず驚異的な手順を見せたのは高宮だった。初手のはいいとして、この2打目で何を切るか。高宮はを切った。思わずへーといいたくなる一着だが、高宮にはひとつの完成形が見えていた。

裏目になったをツモ切り、もポイっ。これでもうわかった方が多いだろう。

そう、純チャン三色を狙っていた。打として見事テンパイ。ここはリーチをかけずに藤崎の技を使った。まだ警戒されない巡目に思えるので、高宮が一本取ったかに見える。

たろうが当たり牌のを掴んだ。たろうの手はイーシャンテンで、を雀頭にする構想ならばこのはツモ切ってしまってもおかしくない。

しかしここはキープ。神にはなんでもお見通しと言わんばかりに、高宮のチャンスを封じた。確かにのあとにを切るのは手順としてやや不自然で、の周辺が待ちになっている可能性が高いのである。

このときうっすらとゼウスの降臨を予感させるものを感じた。この判断に、解説の瀬戸熊直樹プロと実況の小林未沙さんも思わず「お~」と声を上げる。

高宮の当たり牌を止めながらテンパイ。打として待ちのリーチに踏み切った。

そこに親の多井も参戦。先程のたろうのをカンチャンでチーをしており、鳴いてはいるものの5800の打点を持っている。上図から打としたが、少し力が入っていた。

結果はたろうの勝ち。一発で裏も乗り、3000-6000のアガりで大きくリードを奪う。

面白くないのは多井だ。めくり合い勝負にもならず、妙に高い親被りを喫してしまっている。これで火が着いたようだ。

東2局。神に対抗できるのは人類最強の俺だと、最速で対々和・の5200を和久津から出アガる。和久津はこの失点を悔やんでおり、以降はうまく歯車が噛み合わなかった。

南1局に移る。

たろうがリードを広げ、このまま終わるかと思われたが、多井がみすみす許すわけがなかった。親番になってこの配牌である。ドラ2つにもあって、絶対に落としたくないチャンス手だ。

ドラが暗刻になった。「これでもう一生オリません」と心の中で言っていたに違いない。

しかし先にテンパイが入ったのは高宮だった。打待ちの先制リーチ。多井を止めてトップ争いに加わりたいところ。

多井はまだまだテンパイまで時間がかかる状況だったが、無筋のを楽々プッシュ。

続いてを引いてブレーキが完全に取り外された。手の内で跳満が見える極上の手格好に。を現物のごとく切って両面2つのイーシャンテンに取る。もはや高宮のリーチの声は聞こえていなかったのかもしれない。

 

と切り飛ばし、満を持して待ちの追っかけリーチ。

やばいと見たか、たろうがチーをして一発を消す。この神のイタズラで、高宮が掴むはずのをたろうが吸収に成功した。

多井もこの表情。ここだけは絶対に逃しちゃいけないと苦しげだ。バチバチと火花が散っている。

それでも、山にあと1枚あったを引き入れて強烈な6000オール。手牌を倒してからも多井はまだ苦しげだった。全身全霊で念を込めていたようだ。

南1局1本場

先程のアガりでトップは多井に。反撃のたろうがわずか2巡目で待ちの先制リーチ。

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!