近藤誠一、高火力麻雀で快勝!! ファイナル初戦トップで一気に首位浮上!!【Mリーグ2021-22 ファイナル】

近藤誠一、

高火力麻雀で快勝!!

ファイナル初戦トップで

一気に首位浮上!!

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2021-22 ファイナルシリーズ」の初日、第1戦は近藤誠一セガサミーフェニックス)が、トップを獲得。途中までは岡田とのマッチレースとなった第1試合。近藤が持ち前の高打点力を生かしたリーチを多用し、5回のアガリをものにして、大トップ。フェニックスは一気に首位に浮上した。

第1戦の対局者は、KADOKAWAサクラナイツ岡田紗佳KONAMI麻雀格闘倶楽部滝沢和典渋谷ABEMAS松本吉弘、そして近藤の4名。

東1局から、親の岡田がスタートダッシュを決める。ダブ【東】の1300オールをツモると、1本場では【發】・ドラ1・赤2の4000オールをツモってリードを築く。

しかし2本場からは近藤のターンとなる。滝沢のリーチにトイトイ仕掛けで対抗、トイトイ【東】・ドラ2のマンガンを滝沢から直撃。以降、リーチ・ツモ・タンヤオの1000・2000、ピンフの1000点と連続でアガリを決める。

南2局には、ピンフ・ドラ1・高め456サンショクをリーチ・一発・ツモ。3000・6000で岡田を突き放す。

さらに南3局、ダントツ状態からピンフ・ドラ1テンパイからリーチを選択。貪欲に点棒を追い求め、ツモってウラ1の2000・4000でダメ押し。

近藤が7度のリーチ、5回のアガリで大トップを獲得。フェニックスは一気に首位となった。

近藤はインタビューで、

「(初戦トップで)ちょっとほっとしたかな、というところですね。ウチは4位ということもあって、ここでズルズルマイナスしてしまうと置いてけぼりになりやすいポジションなので、どうにかプラスで行きたいとは思ってました」

と語った。

【Result】
1着 近藤誠一・フェニックス 5万8300点/+78.3
2着 岡田紗佳サクラナイツ 3万2500点/+12.5
3着 松本吉弘・ABEMAS 1万4900点/▲25.1
4着 滝沢和典麻雀格闘倶楽部 ▲5700点/▲65.7

【Total】
1位 セガサミーフェニックス +138.4(1/12)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +136.8(1/12)
3位 渋谷ABEMAS +36.9(1/12)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +26.8(1/12)

朝日新聞Mリーグ2021-22 ファイナルシリーズ初日
詳細情報
KADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックス

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「朝日新聞Mリーグ2021-22 ファイナルシリーズ」
4月18日の対戦はKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックス

キャスト

KADOKAWAサクラナイツ
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
渋谷ABEMAS
セガサミーフェニックス
実況:日吉辰哉
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

朝日新聞Mリーグ2021-22 ファイナルシリーズ初日

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!