佐々木寿人、氷のような熱き心で!! 魔王の帰還でチームプラスに転じる!!




佐々木寿人、
氷のような熱き心で!!
魔王の帰還でチームプラスに転じる!!

2月7日に行われたプロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」。
1回戦は、KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(日本プロ麻雀連盟)がトップを獲得した。
チームは18勝目、ポイントは緒戦以来のプラスとなった。

対局者は、
EX風林火山・勝又健志(日本プロ麻雀連盟)、
赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(日本プロ麻雀協会)、
セガサミーフェニックス・茅森早香(最高位戦日本プロ麻雀協会)、
そして佐々木。

並びは、勝又・鈴木・佐々木・茅森。

東1局2本場、勝又のリーチをタンヤオで捌きにいった佐々木が、ハイテイでツモアガリ。ドラ1・赤1のマンガンを和了。

東2局2本場、勝又が待ちのリーチ。
一発目に、手が進んだ鈴木がを放銃。
ドラ1・赤1の8000点で、勝又がトップに。

東4局、佐々木のリーチに親の茅森が追いかけリーチ。
茅森は一発ツモの、ピンフ・ドラ2。6000オールで一気に浮上し、戦局は一気に不透明に。

南2局、ドラのとの片アガリシャンポン待ちをダマに構えた勝又に、鈴木がストライク。
8000点のアガリで勝又がトップ目に。

南3局1本場、佐々木が待ちでリーチ。
ヤマに待ち牌は1枚しかいなかったのだが、佐々木は2巡後に難なくツモアガリ。
・ドラ1の4000オールで、佐々木がトップ逆転し、そのままゴールインとなった。

佐々木は勝利者インタビューで、
「雑な麻雀で、よくトップ取れたなと。反省してます。(ボーダーということもあって)揺れたかもしれませんね。(プレッシャーは)正直あります。ファンの皆さんとともにファイナルに行けるように、精一杯頑張ります。」
と語った。

【参考】

【Result】
1着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(日本プロ麻雀連盟)3万3000点/+53.0
2着 EX風林火山・勝又健志(日本プロ麻雀連盟)3万600点/+10.6
3着 セガサミーフェニックス・茅森早香(最高位戦日本プロ麻雀協会)2万7100点/▲12.9
4着 赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(日本プロ麻雀協会)9300点/▲50.7

【Total】
1位 EX風林火山 +229.2(77/80)
2位 赤坂ドリブンズ +154.2(77/80)
3位 渋谷ABEMAS +55.4(74/80)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +12.5(77/80)
5位 U-NEXT Pirates ▲66.9(76/80)
6位 セガサミーフェニックス ▲115.6(77/80)
7位 TEAM雷電 ▲268.8(76/80)

◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。

(C)AbemaTV

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vs麻雀格闘倶楽部vsフェニックス

近代麻雀戦術シリーズ新刊情報

「麻雀強者の0秒思考」

著:ZERO

好評発売中!!!!

Amazonはこちら→「麻雀強者の0秒思考」