滝沢和典、大三元!! 個人首位の多井に、挑戦状を叩きつける!!

滝沢和典、大三元!!
個人首位の多井に、
挑戦状を叩きつける!!

2月7日に行われたプロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」。
2回戦は、EX風林火山・滝沢和典(日本プロ麻雀連盟)が、大三元を和了して大トップを獲得。
チームは18勝目にして、ファイナル進出を盤石のものにした。

対局者は、
赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦日本プロ麻雀協会)、
KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(日本プロ麻雀連盟)、
セガサミーフェニックス・茅森早香(最高位戦日本プロ麻雀協会)、
そして滝沢。

並びは、茅森・滝沢・園田・佐々木。

開局は、茅森・園田・佐々木のリーチ合戦。
結果は、園田が佐々木のアタリ牌を一発で放銃、そしてウラ3!
ピンフ・赤1のハネマンで、好調の佐々木が先行する。

次局も佐々木は、ドラで自風のをポンしてマンガン確定。
これを茅森から仕留めて、8000点。
佐々木がさらにリードを広げる。

東3局は、佐々木と園田のリーチ合戦となったが、アガッたのは滝沢。
一気通貫・赤1をツモって8000点をゲット。

東4局、トイトイを目指して、滝沢がをポン。
しかし、手牌が次の形になって一気に大三元が視野に入る。

 ポン ドラ

滝沢はを切って、当然大三元に向かう。

しかし、茅森からリーチが入る。
待ちは単騎!
だが、4枚目のを滝沢が掘り当て、高め大三元テンパイ!
そのはリーチの茅森の現物牌。
4枚目のをつかんだ園田がツモ切って、滝沢が32000点のアガリを成就させた。
これで滝沢が、トップ逆転。

南2局の親番では、滝沢はさらに6000オールを上積みして、7万点オーバーの大トップを獲得した。

滝沢は勝利者インタビューで、
「(大三元テンパイで)緊張しました、手元でわからなかったですか?(笑)。(個人首位を狙える位置ですが)それなら出たいですね、もっと離れてると思ってました。(個人首位の)多井さんにも出てきてほしいですね。ファイナル進出が見えましたが、そう考えるとまだ先は長いので、一戦一戦大事に打っていきます。」
と語った。

【参考】


▲滝沢の見事な大三元

【Result】
1着 EX風林火山・滝沢和典(日本プロ麻雀連盟)7万9600点/+99.6
2着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(日本プロ麻雀連盟)3万5500点/+15.5
3着 セガサミーフェニックス・茅森早香(最高位戦日本プロ麻雀協会)1万200点/▲29.8
4着 赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦日本プロ麻雀協会)▲2万5300点/▲85.3

【Total】
1位 EX風林火山 +328.8(78/80)
2位 赤坂ドリブンズ +68.9(78/80)
3位 渋谷ABEMAS +55.4(74/80)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +28.0(78/80)
5位 U-NEXT Pirates ▲66.9(76/80)
6位 セガサミーフェニックス ▲145.4(78/80)
7位 TEAM雷電 ▲268.8(76/80)

◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。

(C)AbemaTV

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vs麻雀格闘倶楽部vsフェニックス

近代麻雀戦術シリーズ新刊情報

「麻雀強者の0秒思考」

著:ZERO

好評発売中!!!!

Amazonはこちら→「麻雀強者の0秒思考」

この記事のタイトルとURLをコピーする