堀慎吾、安定のゲームメイクで盤石のトップ!! サクラナイツ首位奪還!!【Mリーグ2021-22 ファイナル】

堀慎吾、

安定のゲームメイクで

盤石のトップ!!

サクラナイツ首位奪還!!

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2021-22 ファイナルシリーズ」の初日、第2戦は堀慎吾KADOKAWAサクラナイツ)が、トップを獲得。開局にマンガンをものにした堀が、以後一度もトップの座を譲ることなく逃げ切って勝利。首位の座を奪い返し、堀は病欠の沢崎の決めポーズで勝利の凱歌をあげた。

第2戦の対局者は、KONAMI麻雀格闘倶楽部高宮まり渋谷ABEMAS日向藍子セガサミーフェニックス近藤誠一、そして堀の4名。

東1局、親の高宮がピンフ・ドラ1・赤1の【4ソウ】【7ソウ】待ちで先制リーチをかける。西家の堀は迂回してピンフイーペーコー・赤2の【4ピン】【7ピン】待ちでテンパイ。ヤミテンに構えていると、高宮が【4ピン】をつかんで8000点の放銃。堀のカウンターが決まった。

東3局、8巡目に高宮がドラの【2マン】をアンカンし、場に緊張が走る。近藤が高宮のスジの【7マン】を切ると、堀がすかさずチーしてテンパイを入れる。【發】アンコの赤1、【1ソウ】【4ソウ】【7ソウ】待ち。すぐさま日向が【1ソウ】をツモ切って、堀に2900点の放銃。高宮のドラカンは不発に終わる。

南2局には堀はイーペーコー・ドラ1・赤2・高めピンフ【4マン】【7マン】【6マン】待ちの【6マン】をツモって2000・4000を加点。これが決定打となって、サクラナイツにファイナル初勝利を持ち帰り、フェニックスをかわして首位に返り咲いた。

堀はインタビューで、

「うれしいです。(至極の一局は)東1局、好配牌をもらってあっという間にイーシャンテンになりましたけど、高宮さんからリーチが入って、ツモに恵まれて自然な手順でアガれたっていうのがとても大きかったと思います。都合のいい感じでツモが来てくれたので、恵まれてました」

と語った。

【Result】
1着 堀慎吾サクラナイツ 4万100点/+60.1
2着 近藤誠一・フェニックス 2万5200点/+5.2
3着 日向藍子・ABEMAS 2万100点/▲19.9
4着 高宮まり麻雀格闘倶楽部 1万4600点/▲45.4

【Total】
1位 KADOKAWAサクラナイツ +196.9(2/12)
2位 セガサミーフェニックス +143.6(2/12)
3位 渋谷ABEMAS +17.0(2/12)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲18.6(2/12)

朝日新聞Mリーグ2021-22 ファイナルシリーズ初日

詳細情報
KADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックス

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「朝日新聞Mリーグ2021-22 ファイナルシリーズ」
4月18日の対戦はKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックス

キャスト

KADOKAWAサクラナイツ
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
渋谷ABEMAS
セガサミーフェニックス
実況:日吉辰哉
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

朝日新聞Mリーグ2021-22 ファイナルシリーズ初日

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!