チームを優勝に導く為にサクラナイツが欲した堀慎吾 2年越し、チーム通してのファイナル初トップ!【Mリーグ2020ファイナル観戦記5/13】担当記者:危険な鬼太郎

チームを優勝に導く為に

サクラナイツが欲した堀慎吾 

2年越し、チーム通しての

ファイナル初トップ!

文・危険な鬼太郎【木曜担当ライター】2021年5月13日

これまで5戦行い首位のアベマズが2勝、風林火山が3勝と2チームがトップを取っていない展開となっている。

しかし他のチームも首位のチームの独走を許すわけがなく、アベマズは2トップを取ったものの3着1回、4着2回と苦しみ、風林火山に至ってはトップは3回も取ったもののラスも2回と極端な成績で徐々にしかポイントを詰められていない。

まだまだドラマがありそうなMリーグ。この拮抗した展開を打開するのはどのチームになっていくのか。

【5月13日 2回戦】

東家 村上淳赤坂ドリブンズ

南家 滝沢和典EX風林火山

西家 松本吉弘渋谷ABEMAS

北家 堀慎吾KADOKAWAサクラナイツ

首位アベマズの松本が幸先よく3900を2回連続でアガリ切る。

 

場を流しつつ中打点の加点に成功した松本。他チームはトップ目のアベマズだけのトップは避けたいと思い、村上がさっさと東3局の親番を1000点で蹴るものの松本には隙が無い。

東4局でも積極的に仕掛けを入れて他家に積極的にプレッシャーを与え、親の堀さえも降ろしての一人聴牌を入れる事に成功する。

松本にトップを取らせないように、アガらせない為に皆がベタ降りするきつすぎる展開。松本は順調に点数を加点に場を進めこのまま行けば松本の2着以上は堅いか?と思った南場でいきなり展開が動く。

南1局 親・村上 ドラ【發】

親番の村上が2巡目即リーチを選択。物凄く発声が良い。

この形なら村上は【8ソウ】を切って聴牌を外すのか?と思いきやの即リーチ宣言。これは打点があるからこそリーチを宣言したようにしか見えない。

好形聴牌を狙って仮に【8ソウ】辺りを切っても必ずしもリャンメン聴牌になるとは限らず、【4ソウ】【4ピン】辺りを引いて手がグダグダになる可能性もあるし、ここから5巡ぐらい有効牌が一切引けずに仮に7巡目辺りでリャンメン聴牌を果たしてもその時には他家の手がよくなっているリーチに攻め返される可能性が大いにある。

この2巡目の段階で恐らく一番手が良いのは親番で聴牌を果たしている自分だと理解しているが故のリーチ。この2巡目リーチなら手が出来ていない他家は突っ張ってこないだろうし、ここから16回もツモれると仮定したらカンチャン待ちでもツモれる可能性もままあると思っているのだろう。

地味に【7ソウ】を引いたら符が跳ねて最低2600オールからというのも地味に嬉しい所。

このリーチに堀が村上のアタリ牌の【7ソウ】を暗刻にして長考。

切る候補としては暗刻の【北】か真っすぐ手牌を進める【中】切り。

この村上の2巡目リーチは何でもあるリーチに見える。それこそ1回戦で岡田が見せた七対子や、普通に不要牌だけを捨てたメンツ手のリーチもあり得る。ここで堀が打つ一打は当然、

強気の打【中】。この手は降りるよりも押し通す方がマシだと判断した。この村上のリーチは極端な事を言えば七対子の【北】待ちの可能性も十分ありうる。それに幸いにも村上のリーチは余りにも早く、通っていない牌が多く無筋が多い。例え目を瞑って牌を切ったとしてもそうは怖くはない。

村上に放銃する前にアガリ切るという強い意志を感じる【中】打ちだ。

堀が無筋を押し通して聴牌。そして低い声でリーチ宣言。

【2ピン】【5ピン】の高め【2ピン】一盃口のリーチ【北】での追いつき。

村上の待ち牌である最後の【7ソウ】は滝沢の手に入っており、道中で堀が【4ソウ】を押し通して後筋になっているのでいつか危ないか?と思いきや、堀は一切日和らずに無筋を結構開拓していったので滝沢は安全牌に困るそぶりも見せなかった。

堀が高めの【2ピン】を一発ツモ。

さらに裏3!

リーチ一発ツモ一盃口【北】ドラ3の八翻!

4000-8000の大逆転のアガリで堀が一撃でラス目からトップ目に浮上した。

南2局 親・滝沢 ドラ【中】

堀がカン【7ソウ】をチーしてドラの【中】打ち。

チーした以上タンヤオなのでドラの重なりは嬉しくなく、ドラはいずれ切る牌になった。なら相手に重なるより前に手牌を軽くしてあげるに尽きる。最悪なのはドラの【中】を切って【9ピン】がロン牌になる事ぐらいなもので、そんな事は滅多にないはずだ。

このドラを親番の滝沢がポン!

大分苦しい手牌だがドラなので喜々として鳴きを入れる。

堀もすぐさま【赤5マン】を引き入れて

カン【4ピン】の3900の聴牌。どうせ安全牌も少なく、この3900をアガリ切れればトップに物凄く近づくことになるのでかなり親のドラポンに対して突っ張る。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!