「骨は拾ってやるから」瀬戸熊の激励を胸に 本田朋広が無人の荒野を歩きだす【Mリーグ2022-23観戦記10/18】担当記者:ZERO / 沖中祐也

「骨は拾ってやるから」
瀬戸熊の激励を胸に
本田朋広
無人の荒野を歩きだす

文・ZERO/沖中祐也【火曜担当ライター】2022年 10月 18日

第1試合
東家:魚谷侑未(セガサミーフェニックス)
南家:本田朋広(TEAM RAIDEN / 雷電)
西家:丸山奏子(赤坂ドリブンズ)
北家:渋川難波(KADOKAWAサクラナイツ)

変わりゆく季節が、街並み染めていく――

今、デスクの横には扇風機とヒーターが鎮座しているのだが、さすがにヒーターを使う頻度が多くなってきた。

変わりゆく… と言えば、Mリーガーたちの打ち筋が大きく変わっている事に気づいただろうか。

滝沢がバンバン愚形リーチを打つ。
高宮が多くの仕掛けを入れる。
日向が字牌を持たず目一杯構える。

いずれも例年からは考えられなかった姿である。
仮に短期的に損をしようともMリーグというステージになんとか対応するため、選手たちは試行錯誤しているのだ。

だが、変わらない美しさというものある。
チーム雷電だ。

黒沢が打点に振り切った選択を貫けば…

萩原はここから【4ソウ】を切って四暗刻テンパイまでたどり着いた。

瀬戸熊に至っては、

牌が潰れるんじゃないかというくらいにツモに力が漲っており、まだ開幕直後とは思えないほどのオーラを出している。

俺たちは器用なタイプじゃねぇ。
周りが横方向に変化していくなら、俺たちは縦方向により深く変化してやる。

マイナス1200pt。

昨年度は、地獄の釜のそこまで落ちに落ちた。
もう見栄もプライドもねぇ。
あるのはチーム雷電としての誇りだけだ。

本田よ、骨は拾ってやる。自由に打ってこい!
チームメイトの激励を受け、本田は孤独のリングへと向かった。

それでも本田は踏み込んだ

東2局
親の本田が丸山の仕掛けにチラリと目をやった。

 

開局にマンガンをツモった下家・丸山の捨て牌に「私、ドラ色(ピンズ)のホンイツをやっています!」と書いてある。
本田は少し考えたあとに…

【3ピン】を切った。
自身が親で価値のある手だからこそ、鳴かれることを承知で踏み込んだのだ。
「チー」
丸山がその【3ピン】に飛びついたあとに、本田がツモってきたのは

一番ツモってきてほしくない牌ランキング堂々の一位、ドラの【8ピン】である。
【8マン】を切ってもリャンメンリャンメンのイーシャンテンを維持できる。
一旦は【8マン】を切っておいて、テンパイしたら【8ピン】を勝負するのが普通か。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 『追憶のM』第3巻が12月1日に発売!