【西原理恵子 & 山崎一夫】祝!トッププロ対局 Mリーグ発進!!


トッププロ対局
Mリーグ発進

今年一番の麻雀業界の話題は、なんと言ってもMリーグですね。
本誌が発売される頃には、ドラフト会議も終わり、選手も決まっているでしょう。

指名されたプロのみなさん、おめでとうございます。
惜しくも出場できなかった選手も、チャンスは続きますからね。
私は30数年前の学生時代から麻雀の記事を書いてますが

「ついにこの時が来たのか」

と素晴らしい企画と運営に嬉しい限りです。

ギャンブルライターの私ですが、脱ギャンブル宣言も素晴らしい。
錚々たる大企業が協賛してくれるんですから選手の責任は重い。

元もとクリーンで強い選手が選ばれるのが基本でしょうが、選ばれた選手は、リーグとファンの期待は絶対に裏切れません。

「ご迷惑をおかけしました」

というレベルではなく、莫大な損害をかけることになるので。
うーん、私が言うと白々しいかな。

さて、ギャンブル全盛だったフリー麻雀創成期、主に高田馬場や歌舞伎町の裏側のローカルな話。

「リーチ、これでトップだろ」
「高いんじゃあ振れねえな」

お気づきの方もいると思いますが、ツモり三アンコのマンガンです。
出ればノミ手の可能性大。

言ってる事は嘘では無いんですが、ライバルを降ろしてツモ数を稼ぐアコギさ。
今のフリー雀荘ではシャミセンと認定されます。

当時の麻雀卓は、今の全自動卓より一回り小さい木製のテーブル。
先ヅモ当たり前、先切りもOKな店が多かった。

ローカルな話ですが。

「ポン、先ヅモはちゃんと返せよ」

小手返しで違う牌を返す人もいたし。

「どっちか分かんねえよ、この2枚から勝手に取れ」

ちょっとだけ良心的に見えますが、実は2枚とも要らない牌で、先ヅモの有効牌は手に収まったまま。
当時の私は東風戦がメインだったせいもあり、ゲーム回しが今の全自動卓並みに早かった。

私が先ヅモ先切り。(すみません)
遅い上家が「リーチ」。

慌てて先切りの【6ソウ】を引っ込めようとすると、「通し!」だって。
いつもセコい彼の意図がバレバレ。

ドラが【1ソウ】だったので待ちはペン【3ソウ】確定。

「はっは~ん」
て周りから笑われてました。

現在の私の店のセットの年配のお客さんの中には、当時のマナ悪そのままの人たちもいます。

捨て牌が6枚切りじゃなくて、延々と横に長い。
と言っても、不特定多数のメンツと打つフリーじゃないので、何の問題もありません。

「ここの牌通ってるんだっけ?」

「さあ」(ホントは知ってる?)

分かりにくいと思うんですが、改善する気はなさそうです。
フリーやプロの対局とは違いますからね。

オーバーアクションの引きヅモや、牌の強打も多いです。
昔の木製卓のマットは分厚くて強打してもあまり音がしなかった。

その時の感覚のまま今の卓で打つと、けっこうな音になります。
オーナーの私は卓が心配ですが、気持ちも分かるのでめったに声はかけません。

当時の私の主戦場ではジャマポンも多かった。

「ポーンッ」

「ダメだよ、チーで切ってるし」

「分かった、カンにするわ」

当時の麻雀はギャンブル含みが当たり前の楽しみだったんです。
これらはプロ団体発足以前のバラ打ちの時代の話。

その後プロ団体ができてついにMリーグまで発展。

当時は想像もできないほどの素晴らしい環境です。

ルール違反スレスレ
非合法スレスレ

【西】【西】【西】【4ピン】【4ピン】【4ピン】【7ソウ】【7ソウ】【8ソウ】【8ソウ】
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 『追憶のM』第3巻が12月1日に発売!