華麗なるトップを君が獲ったから 9月の終わりはセレブ記念日 黒沢咲の 強気の一撃【熱論!Mリーグ】担当記者:ゆうせー




熱論!Mリーグ【Mon】

華麗なるトップを

君が獲ったから

9月の終わりはセレブ記念日

黒沢咲の 強気の一撃

文・ゆうせー【月曜担当ライター】2019年9月30日

 

2019Mリーグ、開幕。

およそ半年ぶりにMリーグの舞台で見た黒沢は、なんだかとっても綺麗に見えた。

もちろん昨年度の黒沢も

まさに「お嬢」というニックネームがピッタリの、エレガントな佇まいでとても素敵だったのだが、

今日、2戦目に登場した黒沢は、

 

このように「凛」とした美しさに磨きがかかっているように思えた。

黒沢の持ち味である高打点狙いの「セレブ打法」にも磨きがかかっているのだろうか…?私はワクワクしながらモニターの前に座っていた。

2戦目

 

テーマ1   華麗なるセレブ打法

東1局

注目の黒沢の配牌、

なんとイーシャンテン!今期も黒沢の豪運は健在か…?

しかし数巡後、

「リーチ」

先手をとったのは黒沢ではなく朝倉だった。待ちのリーチピンフドラ1の手だ。

このリーチを受けた黒沢、

まずは、現物のを切って受けに回る。

次巡、

ドラのが重なった!こうなったらどうする…

黒沢の選択は、

だった。の筋とはいえ、はドラのそばでやや危ない牌。だが、ドラドラになった今、イーシャンテンをキープする価値がこの手にはあるとの判断だろう。

さらに次巡、

がアンコになってテンパイだ!ここは…

もちろんを勝負。リーチだ。ドラドラのテンパイを果たした今、待ちがカンチャンであろうと、が超の付く危険牌であろうと、めくり合いに持ち込んでいくのが「強気のビーナス」黒沢のスタイル。

久しぶりのMリーグでの対局でやや緊張こそしているものの、黒沢は落ち着いているように見えた。

結果は、

2件に対してが通って中スジとなったが、安全牌に窮する多井の手からこぼれ落ちた。

「ロン」

湧き上がる雷電ユニバース。

裏も1枚乗って、リーチドラドラ裏、黒沢の8000点のアガリとなった。

さて、今期から1局終了後の点棒移動が、プラスは緑字で、マイナスは赤字で、それぞれ持ち点の上に表示されるようになった。

点棒の動きがハッキリとわかり、ありがたいと感じた。このようにMリーグは年々進化していくのだろう。

この記事のタイトルとURLをコピーする