疾風迅雷! 流局なしの電撃戦を制した瀬戸熊直樹の立ち回りと駆け引き【Mリーグ2020観戦記11/9】担当記者:東川亮

疾風迅雷! 流局なしの

電撃戦を制した瀬戸熊直樹の

立ち回りと駆け引き

文・東川亮【月曜担当ライター】2020年11月9日

「ロン、2000」

第1試合の終わりを告げる瀬戸熊直樹のアガリが出たとき、時刻はまだ20時にもなっていなかった。

試合時間46分、大和証券Mリーグにしては珍しい、早い終局である。

流局なし、わずか9局の電撃戦。

制したのは、スピーディーな展開を巧みに立ち回った瀬戸熊だった。

第1回戦

東家:朝倉康心U-NEXT Pirates

南家:瀬戸熊直樹TEAM雷電

西家:茅森早香セガサミーフェニックス

北家:前原雄大KONAMI麻雀格闘倶楽部 

東2局

親番の瀬戸熊の手牌は、ターツが3つはあるもののバラバラ、いっそのこと国士無双にでも向かってしまいたいくらいだが、親番ということもあってかpastedGraphic_2.pngから切り出す。

 

子方に目を向けると、前原がpastedGraphic_5.pngpastedGraphic_6.pngトイツ、朝倉はドラドラ赤と、どちらもアガリに向かいたい形。

先にテンパイを入れていたのは前原。

瀬戸熊に浮いていたpastedGraphic_6.pngを鳴いてカンpastedGraphic_8.png待ちテンパイ、さらにpastedGraphic_5.pngを鳴いて打点を上げ、待ちもpastedGraphic_9.pngpastedGraphic_10.pngと良い形にする。

一方、瀬戸熊の手も順調に伸びており、中盤にテンパイ。

待ちはpastedGraphic_12.pngpastedGraphic_13.pngと決していいとは言えず、出アガリができ、手変わりもあるためヤミテンに構える。

この変化なら文句なし。

pastedGraphic_15.pngpastedGraphic_12.pngpastedGraphic_16.png待ちでpastedGraphic_12.pngならタンヤオ平和、pastedGraphic_16.pngなら平和ドラと2翻がつき、十分な打点となる。

ツモ、裏ドラも1枚乗って4000オール。

門前高打点の雷電スタイルでリードを奪った。

東4局、瀬戸熊が1巡目からpastedGraphic_19.pngを仕掛ける。

瀬戸熊は今シーズン、ここまでの副露率は16パーセント台を記録。

2019レギュラーシーズンでの副露率11.8パーセントということを踏まえると、今シーズンの瀬戸熊は比較的鳴きを使うようになっている。

とは言え、安い一鳴きはしない選手である。

この局では手の中にドラが2枚、pastedGraphic_6.pngも対子と、この時点で既に満貫の種がそろっていた。

瀬戸熊は切り出しも工夫する。

1打目からpastedGraphic_21.pngpastedGraphic_22.pngpastedGraphic_23.pngとソーズをバラ切り、手役を匂わせる河を作っていく。

pastedGraphic_6.pngを鳴いたときにホンイツをちらつかせ、しかもマンズ、ピンズの色を絞らせないことで、相手の打牌に制限をかけようという狙いだ。

しかしここは朝倉が早かった。

平和高目三色、ドラ赤内蔵という高打点のリーチで先制を取る。

ただ、ここは瀬戸熊にとっても行くべきところ。

pastedGraphic_6.pngを仕掛け、無スジpastedGraphic_15.pngを打って満貫テンパイを組み、その後は危険牌を押しまくる。

 

最後は粘ってテンパイを入れた親番前原のリーチ宣言牌pastedGraphic_28.pngが朝倉への放銃となったが、勝負手となればどこまでも強く行く、瀬戸熊らしさが見られた一局となった。

南1局も、独特の進行を見せる。

なんと、第1打からpastedGraphic_30.pngpastedGraphic_31.pngのターツを外し、一色手へと向かったのだ。

解説の園田賢赤坂ドリブンズ)は2着目の親をのみで流す進行について触れており、そのような選択をする打ち手も少なくなさそうだが、狙えるならば高打点を狙えっていこう、ということだろう。

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!