藤崎智、攻守に冴えをみせてうれしい今季初勝利!! 麻雀格闘倶楽部はプラス域へ!!

藤崎智、

攻守に冴えをみせて

うれしい今季初勝利!!

麻雀格闘倶楽部はプラス域へ!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020」の開幕21日目、第2戦は藤崎智KONAMI麻雀格闘倶楽部)が、トップを獲得。東3局に、チートイツ・ドラ3をハイテイでアガりトップに立った藤崎は、守備に攻撃に盤石の冴えをみせて、5万点超えの大トップで今季初勝利を獲得した。

第2戦の対局者は、U-NEXT Pirates石橋伸洋セガサミーフェニックス近藤誠一TEAM雷電黒沢咲、そして藤崎の4名。

東2局1本場、南家の石橋が5巡目リーチの7巡目ツモアガリ。チートイツの6400点ゲットでまずはリード。

東3局2本場、石橋がペン待ちで先制リーチするも、アガったのは藤崎。チートイツ・ドラ2・赤1・ハイテイ・ツモのハネマン。これで藤崎が石橋をかわしてトップ目に。

東4局には、親の黒沢がリーチ・ピンフイーペーコー・ドラ1・ウラ1の12000点を近藤からアガって戦線復帰の狼煙を上げる。

南1局には、南家・藤崎がピンフ・高め123のサンショクでリーチ。ラス目で後がない親の近藤が、高めのを放銃。ウラ1の8000点を加点して、藤崎が他の追撃を許さない。

南3局には、藤崎はタンヤオ・ドラ2・赤2の8000点を石橋から徴収して盤石のトップへ。

さらにオーラスもツモ・・ドラ1・赤1の8000点を上乗せして、ダメ押しの大トップ。藤崎はうれしい今季初勝利を獲得し、麻雀格闘倶楽部はプラス域へ浮上した。

藤崎智はインタビューで、

「山にこもって降りてきたんで、山ごもりがうまくいった感じでよかったです。チームとしては、というより佐々木寿人がプラスだったんですけど、調子は上がってきてますのでこれからも頑張っていきたいと思ってます。これからも応援してください!」

と語った。

【Result】
1着 藤崎智麻雀格闘倶楽部 5万8900点/+78.9
2着 黒沢咲・雷電 3万300点/+10.3
3着 石橋伸洋・パイレーツ 2万2600点/▲17.4
4着 近藤誠一・フェニックス ▲1万1800点/▲71.8

【Total】
1位 EX風林火山 +334.6(20/90)
2位 赤坂ドリブンズ +326.8(20/90)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 49.6(22/90)
4位 渋谷ABEMAS ▲62.1(20/90)
5位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲124.3(22/90)
6位 U-NEXT Pirates ▲156.1(22/90)
7位 KADOKAWAサクラナイツ ▲180.2(20/90)
8位 セガサミーフェニックス ▲188.3(22/90)

「大和証券Mリーグ2020 麻雀格闘倶楽部vsPirates vsフェニックスvs雷電」

詳細情報
KONAMI 麻雀格闘倶楽部vsU-NEXT Pirates vsセガサミーフェニックスvsTEAM RAIDEN / 雷電

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2020」
11月9日の対戦はKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsU-NEXT Pirates vsセガサミーフェニックスvsTEAM RAIDEN / 雷電

キャスト

KONAMI 麻雀格闘倶楽部
U-NEXT Pirates
セガサミーフェニックス
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:小林未沙
解説:園田賢
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!