負けるのは嫌なので攻撃力に極振りしたいと思います/作・沢崎誠【熱論!Mリーグ】担当記者:真中彰司

熱論!Mリーグ【Thu】

負けるのは嫌なので

攻撃力に極振り

したいと思います

作・沢崎誠

文・真中彰司【木曜担当ライター】2020年3月5日

パイレーツとドリブンズの直接対決で大きく盛り上がる終盤戦。

しかし、フェニックスの独走を止めようと上位陣も必死だ。

1戦目のメンバーは以下の通り。

東家 滝沢和典EX風林火山

南家 佐々木寿人麻雀格闘倶楽部

西家 沢崎誠サクラナイツ

北家 瀬戸熊直樹TEAM雷電

セミファイナルへ向けて持ち越しポイントが欲しい3チームと、8位の風林火山。

これでレギュラーシーズン最後の登板となる選手もいるだろう。

「負けるのは嫌なので攻撃力に極振りしますよ」

そこで輝いたのが、Mリーガー最年長・沢崎誠

大の負けず嫌いの沢崎は、最高得点記録を魚谷に抜かれ、個人首位も奪われ、チーム首位もフェニックスに抜かされてしまった。

KADOKAWAのアニメ

「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います」

とは全く真逆の精神で対局に臨んでいるようだ。

第1ツモでが重なり、から切り出す。

役牌を残しつつ、あくまで目立たない自然な切り出し。

佐々木からが打ち出されても…

「そんなものに飛びついてもねぇ…」

微動だにせず。まるで不動明王のようだ。

あくまで自然に、ツモに合わせて形を決める。

が重なって、ホンイツが見えてきた。

ここで瀬戸熊から2枚目のが打ち出される。

見送るわけもなく、当然のポン!

ホンイツの形が出来たところで、タイミング良くが打ち出されてテンパイに取れた。

いわば必然のテンパイ。が鳴けた時点で、沢崎はこの局のアガリを確信したはずだ。

河が全くホンイツに見えないのも怖いところだ。

字牌から切り出しているため、でのロンアガリも十分に見込める。

必然のテンパイの先にあるのは必然のアガリ。

当たり前かのようにをツモりあげ、満貫に仕上げた。

しかし、これだけで終わるはずが無い。

一度アガリ出したら止まらない。それが沢崎の恐ろしさだ。

東2局も配牌で鬼のような2シャンテン。

何の苦もなく、たった4回のツモでカンの5200テンパイ。

だが、リーチはかけない。

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!