瀬戸熊直樹、スピードゲームを制して個人3勝目!! 雷電、6位にジャンプアップ!!

瀬戸熊直樹、

スピードゲームを制して

個人3勝目!!

雷電、6位にジャンプアップ!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020」の開幕21日目、第1戦は瀬戸熊直樹TEAM雷電)が、トップを獲得。東場の親番でマンガンをツモった瀬戸熊は、トップをキープしたままオーラスへ。オーラスも3巡目テンパイのピンフをヤミテンで朝倉から仕留めて、今季3勝目を獲得した。

第1戦の対局者は、KONAMI麻雀格闘倶楽部前原雄大U-NEXT Pirates朝倉康心セガサミーフェニックス茅森早香、そして瀬戸熊の4名。

東2局、西家の前原がを仕掛けてのノベタン待ち。そこへ親の瀬戸熊がのシャンポン待ちから、待ちの高めタンヤオピンフのリーチで襲いかかる。そして瀬戸熊は高めのをツモって、ウラを1枚乗せる。この12000点で、瀬戸熊がトップに立つ。

東4局、南家の朝倉が高め456サンショクの・ピンフ・ドラ1・赤2の大物手を、6巡目にリーチ。待ちは。これに瀬戸熊がポンで対抗、待ちテンパイ。さらに親の前原が待ちでテンパイ。しかし前原のリーチ宣言牌は。ウラが1枚乗ってマンガンのアガリ。朝倉が2番手に。

南1局、ラス目となった前原が終盤にリーチ・一発・ツモ・ドラ1の8000点のアガリを決める。

前原は南3局にもリーチ・一発・赤1の5200を茅森から仕留めて2番手に。

オーラスは、朝倉が4巡目に切ったが瀬戸熊のピンフ・ドラ1の2000点の手に命中。あっさりと瀬戸熊が逃げ切りトップを決めて、瀬戸熊は自身の3勝目を獲得した。

瀬戸熊はインタビューで、

「4000オール1回で逃げ切れるっていうのは、なかなか珍しいパターンですね。手牌も入ってましたし、展開にも恵まれて、そういった意味ではついてましたね。チームとしては苦しい状況が続いてますが、3人とも前を向いてますのでこれから、どんどん皆さんがやったーっといえる場面が増えると思います!」

と語った。

【Result】
1着 瀬戸熊直樹・雷電 3万5700点/+55.7
2着 前原雄大麻雀格闘倶楽部 2万8000点/+8.0
3着 朝倉康心・パイレーツ 1万8700点/▲21.3
4着 茅森早香・フェニックス 1万7600点/▲42.4

【Total】
1位 EX風林火山 +334.6(20/90)
2位 赤坂ドリブンズ +326.8(20/90)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲29.3(21/90)
4位 渋谷ABEMAS ▲62.1(20/90)
5位 セガサミーフェニックス ▲116.5(21/90)
6位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲134.6(21/90)
7位 U-NEXT Pirates ▲138.7(21/90)
8位 KADOKAWAサクラナイツ ▲180.2(20/90)

「大和証券Mリーグ2020 麻雀格闘倶楽部vsPirates vsフェニックスvs雷電」

詳細情報
KONAMI 麻雀格闘倶楽部vsU-NEXT Pirates vsセガサミーフェニックスvsTEAM RAIDEN / 雷電

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2020」
11月9日の対戦はKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsU-NEXT Pirates vsセガサミーフェニックスvsTEAM RAIDEN / 雷電

キャスト

KONAMI 麻雀格闘倶楽部
U-NEXT Pirates
セガサミーフェニックス
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:小林未沙
解説:園田賢
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!