自分の攻撃的麻雀はMリーグにもフィットする EX風林火山ドラフト会議指名選手オーディション【水瀬夏海インタビュー】

自分の攻撃的麻雀は

Mリーグにもフィットする 

EX風林火山ドラフト会議

指名選手オーディション

【水瀬夏海インタビュー】

水瀬夏海(日本プロ麻雀協会)

Twitter:https://twitter.com/emunatsumi

 

-このオーディションを受けるにあたっての思いから、お聞かせください。

今まで自分には絶対にチャンスがないと思っていたのですが、こういうみんなにチャンスがある機会をいただけたわけですし、今後一生なれるか分からないMリーガーなので、参加しようと決心しました。

-以前からMリーグ入りへの思いはあったのでしょうか。

初年度はみんな憧れだったと思いますし、選ばれるのは光栄なことなので、選ばれたらいいなと思っていました。2年目のドラフトのときは女性が必ずチームに入るということで日本プロ麻雀協会の選手も注目されたと思いますけど、実際には選ばれず、結果は団体として寂しい感じになってしまいました。

-そこに対して、思うところはありましたか。

協会の選手は男性も女性も、全部の団体の選手が出るタイトル戦で優勝している人も多いですし、トップ取りも得意です。Mリーグのルールで強い選手はたくさんいると思っていますけど、現状では協会のMリーガーは松本(吉弘)君と堀(慎吾)さんの二人だけです。協会には素晴らしい選手がいると思うので、そういうところを見てもらうきっかけに、今回のオーディションはなるのではないかと思います。

-水瀬プロは、この舞台でどういう麻雀を見せたいですか。

私は自分で、放送向けの麻雀ができるかなと思っています。以前には夕刊フジ杯で、準決勝と決勝で全部トップを取って優勝したこともあって、それを見て私のことを知ってくださった方もたくさんいます。「なっちゃんは思い切りがいい麻雀をするね、全然オリない」と言われて、実際はそんなことはないですけど(笑)、結構前のめりな麻雀をするので、見ている方はヒヤヒヤすることもありつつ気持ちのいい麻雀を見せられると思います。それは、エンターテインメントとしてのMリーグにフィットするのではないかと思っています。EX風林火山の選手の皆さんと比べるとちょっと異色になると思いますけど、攻撃特化型、攻撃的なところを見てもらえたらと思っています。

-ファンのみなさんに向けて、ひと言いただけますか。

お会いするみなさんから「なっちゃんはMリーガーにならないの?」とかよく言われていたので、こういう誰でもチャンスがある機会があるなら、エントリーすらしないとみんなが残念がると思っていました。Mリーガーになれたら喜んでくれる人が多いと思うので、みなさんの期待に応えるためにも、頑張りたいと思っています。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!