白鳥翔、大接戦を制して勝利のダブルピース!! 渋谷ABEMAS3勝目!!

白鳥翔、

大接戦を制して

勝利のダブルピース!!

渋谷ABEMAS3勝目!!

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2021セミファイナルシリーズ」の5日目、第2戦は白鳥翔渋谷ABEMAS)が、トップを獲得。1局アガリが出るたびに着順が変化する大接戦。ラス親でトップ目に立った白鳥が、内川の追撃を800点差でかわして逃げ切りトップとなった。

第2戦の対局者は、EX風林火山勝又健志KADOKAWAサクラナイツ内川幸太郎セガサミーフェニックス近藤誠一、そして白鳥の4名。

東1局、先制リーチは北家・白鳥。ピンフ・赤1の【3ソウ】【6ソウ】待ち。すでにヤミテンを入れていた親の近藤が、【3ソウ】をツモ切って3900点のアガリに。

流局をはさんで東3局1本場、白鳥は【白】アンコの5巡目リーチの【2マン】【5マン】待ちを【赤5マン】でツモアガリ。2000・4000でトップ目に立つ。

東4局、勝又がドラ1・赤1の【2ピン】【5ピン】待ちをリーチ。近藤の追いかけリーチを受けるが、高めイーペーコー【5ピン】をツモって2000・4000。勝又が2番手に。

南1局は、ラス目の近藤の最後の親番。その近藤が先制リーチ。ドラ1の【9マン】単騎待ちをツモって1000オール。3着に浮上して親番を続行。

近藤は【發】・ドラ1の1000オールツモで2番手に浮上。さらに同2本場、近藤に三暗刻【白】・ドラ3の大物手のテンパイが入るが、内川がピンフタンヤオ・赤2の2000・4000をツモって内川が2番手に浮上する。

全員2万点台の南3局、内川が【北】・赤1の2000点を勝又からアガって微差のトップ目に立つ。

オーラス、親の白鳥が4巡目リーチをかける。リーチのみの【3ピン】【6ピン】待ちの【3ピン】をツモって1300オール。白鳥がトップ目となってさらに連荘。

1本場、ファーストテンパイは西家の内川。早々に【西】をポンして12巡目に【3ソウ】【6ソウ】待ち(ドラ【4ソウ】)。トップ目の白鳥からの直撃で逆転可能。

直後にラス目の勝又がリーチをかける。ドラ1・赤1の【2マン】【5マン】待ち。ツモればトップまで突き抜ける。その勝又の一発目のツモは【6ソウ】。内川が2着を維持、白鳥は辛くも800点差での逃げ切りトップとなった。

白鳥はインタビューで、

「(セミファイナル)3勝目が出たのでラスも引いてますが、ポイント的にはこのトップは大きいんじゃないかと思うので、後半戦もちゃんと決勝に進めるようにいきたいと思います。ギリギリトップをとることが出来ました。ダブルピースをしようと決めてきたので、出来てよかったです」

と語った。

【Result】
1着 白鳥翔・ABEMAS 2万9700点/+49.7
2着 内川幸太郎サクラナイツ 2万8900点/+8.9
3着 近藤誠一・フェニックス 2万4900点/▲15.1
4着 勝又健志・風林火山 1万6500点/▲43.5

【Total】
1位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +232.7(6/16)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +204.4(6/16)
3位 渋谷ABEMAS +181.6(8/16)
4位 セガサミーフェニックス +82.5(8/16)
5位 U-NEXT Pirates +66.8(6/16)
6位 EX風林火山 ▲18.0(6/16)

朝日新聞Mリーグ2021-22 セミファイナルシリーズ5日目

詳細情報
EX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックス

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「朝日新聞Mリーグ2021-22 セミファイナルシリーズ」
3月28日の対戦はEX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックス

キャスト

EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
渋谷ABEMAS
セガサミーフェニックス
実況:日吉辰哉
解説:藤崎智
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

朝日新聞Mリーグ2021-22 セミファイナルシリーズ5日目

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!